ぶりぶりざえもん 16年ぶりに復活! 新声優は神谷浩史

漫画、アニメ、映画で大人気の作品、

『クレヨンしんちゃん』に登場するキャラクター、

ぶりぶりざえもんが5月13日放送のアニメにおいて

16年ぶりに声付きで復活することが分かりました。

新しく声を担当するのは、人気男性声優の神谷浩史です。

 

 

ぶりぶりざえもんは

豚をモチーフにした半人型のキャラクターです。

2000年まで塩沢兼人が声優を担当していました。

 

『クレヨンしんちゃん』の主人公である

しんちゃん(野原しんのすけ)が

発案したキャラクターで、「救いのヒーロー」。

現在では、物語においての

人気マスコット・キャラクターとなっています。

通常版での出演はかなり少なく、

番外編や夢オチ回を中心に登場します。

 

上半身は裸で、下半身には紫色のタイツを履いてる、

二足歩行の豚。

目と鼻の穴の大きさが、

左右で異なるように描かれているのも特徴です。

また、豚ではありますが尻尾は生えていません。

 

しんちゃんとよく似て、あまり周りのことを気にしない性格。

下品で女好きというところも似てます。

また、ナルシストで自分の顔を「美しい」と思っている。

一方で、がめつく欲張りなところがあり、

自分のことを第一に行動することが多いです。

また、

普段は尊大な態度をとって他人を見下すことも多いですが、

その割に小心者でもあります。

 

自らを「救いのヒーロー」と呼ぶのですが、

「私は常に強い者の味方だ」と言って軽々しく敵に寝返ったり、

敵前逃亡したりすることが多いです。

・・・・・・にも関わらず、

しんちゃん達が勝てばすぐに戻ってきて、

何もしていないのに多額の救い料を請求してくるなど、

ヒーローとは思えない振る舞いが目立ちます。

 

このような行動の結果、

味方側からボコボコにされる事も少なくなく、

時にはしんちゃんにすら呆れられてしまう。

それでもしんちゃんと力を合わせて悪を倒したり、

たまに名言を残したりするなど、

どこか憎めないキャラクターなんですよね。

 

 

2000年に担当声優の塩沢兼人が不慮の事故で亡くなって以降、

ファンや遺族の申し出のため

アニメ・劇場版いずれにも台詞付きで

登場することがなくなってしまいました。

ファンなら誰だって、

どんな作品でも今まで愛着があったキャラクターの

声が変わってしまうのには少なからず抵抗があります。

しかしそれと同じくらい、

またあの魅力的なキャラクターが復活してくれないか

とも思ってしまうものです。

 

 

あくまでも私見ですが、

来週のぶりぶりざえもん復活は凄く楽しみです。

正直またぶりぶりざえもんが喋る姿を見れるとは

思ってもいませんでしたので。

神谷浩史さん、

来週のぶりぶりざえもん役、

 

超期待してます!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です