亀梨和也、土屋太鳳と恋愛映画『PとJK』で初主演 来年春公開予定

KAT-TUN亀梨和也(30)が、

来年春公開の映画「PとJK」(広木隆一監督)で

恋愛映画に初主演することが6日、分かりました。

警察官役の亀梨和也が、

女子高生役でヒロインを務める

女優 土屋太鳳(21)と結婚し、

ストーリーを展開していきます。

 

 

 

警察官役の亀梨和也は、歌手、俳優、タレントで、

男性アイドルグループ・KAT-TUNのメンバー。

1998年11月8日にジャニーズ事務所に入所。

1999年10月『3年B組金八先生 第5シリーズ』

で連続ドラマ初出演。

2001年4月にKAT-TUN結成。

2005年1月期ドラマ『ごくせん』第2シリーズに

メイン生徒役として出演。

ドラマは平均視聴率27.8%の大ヒットとなり、

コンビで出演した赤西仁とともに知名度を上げました。

 

主な出演作品は、

テレビドラマでは、

『野ブタ。をプロデュース』『サプリ』『たったひとつの恋』

『1ポンドの福音』『神の雫』『ヤマトナデシコ七変化♥』

『妖怪人間ベム』『東京バンドワゴン~下町大家族物語』

『セカンド・ラブ』『怪盗 山猫』

映画では、

『ごくせん THE MOVIE』『映画 妖怪人間ベム』『俺俺』

『バンクーバーの朝日』『ジョーカー・ゲーム』

などが挙げられます。

 

 

女子高生役の土屋太鳳は、

女優 ファッションモデル タレントで、

ソニー・ミュージックアティスツに所属。

2005年、角川映画、ソニーミュージック、Yahoo! JAPAN が

合同で実施した

「スーパー・ヒロイン・オーディション ミス・フェニックス」

にて審査員特別賞を受賞。

同オーディションの受賞者の中では最年少でした。

 

初仕事は2007年12月1日より放送された

カプコンのゲームソフト

『WE LOVE GOLF!』のテレビCM(松原剛監督)。

2008年に公開された『トウキョウソナタ』で

映画デビューを果たしました。

その撮影現場で共演者の香川照之・津田寛治と交流し、

彼らの仕事ぶりを目の当たりにしたことで

女優への決意を強めました。

 

主な出演作品は、

テレビドラマでは、

『鈴木先生』『花子とアン』『まれ』『下町ロケット』

映画では、

『果てぬ村のミナ』『トウキョウソナタ』

『釣りキチ三平』『映画 鈴木先生』『orange』

などが挙げられます。

 

 

 

今回お二人が共演する『PとJK』は、

13年から漫画雑誌「別冊フレンド」で連載され、

コミック累計売り上げ210万部を突破する

人気漫画が原作です。

亀梨和也演じる主人公の警察官功太と、

土屋太鳳演じる女子高生カコが出会い、恋に落ちます。

カコが高校1年生と知った功太は、

警察官という立場から恋愛するわけにはいかないと

一度距離を置くのですが、

カコの一途な気持ちを受け止め、

結婚を決意します。

次々と困難が待ち受ける結婚生活を、

2人で乗り切っていくという物語です。

 

亀梨太鳳の起用理由について同作のプロデューサー陣は、

「真面目過ぎて不器用な部分も非常に爽やかに、

魅力的に演じていただけると思っています」

と説明されました。

土屋太鳳に対しても、

「純粋でひたむきなヒロインのカコそのままで、

チャーミングに表現していただけると思う」

と期待を寄せています。

上映規模は300館以上になる予定みたいです。

 

 

禁断の恋愛話に興味がある方、

来年の上映の際に観に行ってみてはいかがでしょうか。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です