JR東京駅で特急のドアが30秒も開かないトラブル発生  車掌の体調不良が原因か

成田空港を結ぶJR東日本の特急「成田エクスプレス」で、

14日に車掌が居眠りをして、

東京駅で車両のドアがおよそ30秒間開かない

トラブルがありました。

 

JR東日本によりますと、14日正午すぎ、

成田空港発池袋・大船行きの特急「成田エクスプレス」が

東京駅に到着したところ、

ドアがおよそ30秒間開かないトラブルがありました。

 

 

30秒って結構長いですよね。

少し調べてみたら、

30秒あればイチゴ大福が1つ作れるみたいです。

・・・だからなんだって話ですけど。

とまあ、

それだけの時間ドアが閉まっていたというわけですね。

 

 

会社側が調べたところ、

40代の車掌が乗務員室に座ったまま居眠りし、

交代の車掌に起こされたということです。

ダイヤに影響はありませんでした。

 

 

仕事中に寝るとは余程疲れていたのでしょうか。

とりあえずダイヤが乱れることは無くて良かったですよね。

 

 

社内の聞き取りに対してこの車掌は

「千葉駅を通過したあと、記憶がなくなった」

と話したということで、JR東日本は最大で

20分程度居眠りをしていた可能性があるとみています。

 

 

20分ってとんでもない時間ですね!

ただ単に

眠くてうたた寝してしまったという時間ではないと思います。

 

 

また、

車掌は

「今月9日にどうきがして救急車で病院に運ばれたが、

異常はないと診断された」

と話しているということで、

会社側は体調不良が影響したかどうか調べるとともに、

車掌の処分を検討しています。

 

 

いやいやいや、

絶対身体に異常出てますよこれは。

20分って普通じゃないですもの。

個人的にはこの車掌さんに勤務許可出したことが

そもそもの問題なのではないかと思います。

 

 

JR東日本の首都圏の路線では、

今年2月に山手線の運転士が

乗務中に居眠りをするなど不祥事が相次ぎ、

今月10日、

JR東日本の冨田哲郎社長が謝罪したばかりです。

今回の問題を受けてJR東日本は

「乗務員への指導をさらに徹底したい」

と話しています。

 

 

乗務員への指導を徹底するのは良いことですよね。

どんな理由があろうと勤務中に居眠りするのはだめですから。

ましてや利用者の命にも関わるようなお仕事ですし。

 

ただ、

だからこそ従業員に寝るな寝るなと命令するだけではなく、

もっと健康チェックを厳しくするべきだと思います。

激務のせいで体調がよくない従業員には

万全な体調に戻るまでは車両を運転させずに

駅構内の仕事をやってもらうなどの

工夫をしていくべきでしょう。

 

なので、

再発防止のためには、

車掌さんだけに何とかさせるのではなく、

会社全体で創意工夫していって欲しいですね。

 

人が死ぬような事故が起きてからでは遅いのですから・・・。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です