ワンフェスの入場料、2000円から2500円に値上げ 不満の声が多発

世界最大級のガレージキットの

ワンダーフェスティバル(以下、「ワンフェス」)の

一般参加料金の値上げが発表されました。

 

1998年[夏]の開催以来、

2000円だった料金が2500円に値上げされ、

会場も次回7月の「2016[夏]」は

千葉県・幕張メッセで開催される。

理由は増税や諸経費の増加と説明されているが、

「世知辛いが現実はこんな物だな」

「イベントでの500円アップって、けっこう大きく感じる」

と、残念がる声も多いみたいです。

 

 

確かに入場料500円アップは大きいですよね。

イベントの内容が内容なだけに、

入場料が必要なのは間違いないと思いますが、

2500円は結構高いですよね。

不満の声が上がるのは当然だと思います。

 

 

ワンフェスはプロ、アマチュアを問わず、

自分たちが腕によりをかけて製作したキットを持ち寄って

展示・販売することにより、

自分の造形力を世に問うことを目的として始まりました。

この日だけしか販売が許可されない

既存キャラクターのキット(いわゆる「版権もの」)、

一品限りの造形物、

各プロディーラーの新製品や限定品などが並ぶのも、

このイベントの大きな魅力。

アマチュアが発表するキットなどは販売量がごく少量で、

この日を逃すと永久に手に入らないものもあります。

 

 

プレイベントも含めると

84年からワンフェスはスタートしており、

初年度の会場がゼネラルプロダクツ大阪店、

ディーラー数約10、入場者数700人だったものが、

86年[夏]には会場が東京都立産業貿易センター3F、

ディーラー数約140、入場者数3500人と大躍進。

その後も会場が東京都立産業貿易センター3・4F

⇒東京都立産業貿易センター全館

⇒東京国際見本市会場⇒有明東京ビッグサイト

⇒幕張メッセ国際展示場と年々規模が発展。

それに伴いディーラー数、入場者数も増え、

直近の2016[冬]のイベントでは、

ディーラー数が1896、

入場者数は過去最高の56051人となりました。

 

 

発足当初は若い世代の模型マニアの中でも、

とりわけディープな層がほとんどで、

ほぼ全員が男性であったものが、

造形物の多様化に伴い、

女性・家族連れ・初老の紳士というように、

性別・世代的にも広がり、

この先もさらなる規模拡大が予測されています。

 

 

しかしこうして規模が大きくなることを良く思わない人も多く、

主に幕張メッセでの開催について

「値上げして交通利便の悪い幕張メッセ開催ですか、

しかも相変わらず『海浜幕張駅』の群衆&行列整理能力の

低レベルさに毎度毎度呆れますわ」

「値上げしても良いけど、

それならまた開催地をビッグサイトに戻して欲しい。

幕張は不便で、居心地も良くない」

「往復交通費+2500円あれば普通に秋葉原で欲しい物買える、

ビッグサイトの頃は主にフリマ目当てで出張ってたけど」

といった不満の声が多く見られます。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です