自動運転タクシー 2020年までに実用化へ ロボットタクシーを皆の足に

https://youtu.be/97sHC3w7aZA

 

政府は自動運転の技術を使った

タクシーなどの乗客を運ぶサービスについて、

万が一、事故が起きた場合には

事業者がすべての責任を負うことなどを条件に、

2020年までに実用化を認めることになりました。

 

 

ついに実用化の目処が立ちましたね。

自動運転になれば、

場所を聞き間違えられたり、

○○のルートで行ってくれという要望を

聞いてもらえなかったりといった、

運転手とのトラブル発生も防止できます。

私はほとんどタクシーを利用しないので

そういった経験は無いのですが、

よくタクシーを利用する方は少なからず

そういった経験をしているみたいですからね。

2020年の実用化が楽しみです。

 

 

 

世界中で開発競争が進む自動運転を巡っては、

大手自動車メーカーだけでなく、IT企業なども

無人のタクシーやバスなどの実用化を目指しています。

 

 

こうした自動運転技術を使った乗客を運ぶサービスについて、

政府は一定の条件を満たせば、

東京オリンピック・パラリンピックが開かれる2020年までに

実用化を認めることになりました。

 

 

具体的には万が一、事故が起きた場合は

事業者側がすべての責任を負うことに加え、

運転席に人が乗らない代わりに遠隔で車両を監視して、

問題が起きたときには

走行を止めることができるシステムなどを導入して、

安全を確保することを求めるとしています。

 

 

政府は今後、道路交通法を改正するなど

必要な対策の検討を急ぐとともに、

国家戦略特区に指定された地域の公道などで、

サービスの導入を目指す事業者による

実証実験を進めることにしています。

 

 

 

神奈川県で自動運転タクシーの試運転を行った

ロボットタクシーには凄く期待しています。

 

ロボットタクシーは自動運転技術を活用した

新しい交通サービスです。

 

たとえばプライベートの運転手のように、

携帯端末で目的地を指定するだけで

あなたがいる場所まで迎えにきて、

カメラで自動認識しドアを開け、

交通情報などから最短ルートを割り出し発車してくれる。

 

また、あなたのことをよく知っている”友達”のように、

移動中も快適に過ごせるサービスを提供したり、

気分や状況に合った道のりを提案してくれたりする。

 

そんな夢のような移動体験を、ロボットタクシーは、

今までの交通手段よりももっと安価に、

日本のあらゆる地域で展開していきます。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です