アニメ映画『君の名は。』8月26日より全国で公開 

 

新海誠監督の長編大作アニメーション映画『君の名は。』が、

2016年8月26日(金)より全国で公開されます。

 

これまで『秒速5センチメートル』、『言の葉の庭』など、

美しい色彩で描かれるすれ違う男女の物語を、

精緻な風景描写と繊細な言葉によって紡ぎ出してきた

気鋭の監督・新海誠。

最新作『君の名は。』では、

山深い田舎町に暮らす女子高校生・三葉(みつは)と、

東京に暮らす男子高校生の瀧(たき)の

出会うことのない二人の出逢い、

少年と少女の奇跡の物語を描いていく。

 

 

正直こういう話めっちゃ大好きです。

彗星による(?)奇跡の物語。

公開が楽しみですね!

 

 

 

声の出演として、

三葉が夢の中で見た男の子・瀧役に演技派俳優、神木隆之介。

そして、自らの運命に翻弄されていくヒロイン・三葉役を

上白石萌音が務める。

 

 

音楽は、独特の歌詞と音楽性で高く評されるロックバンド

「ラッドウィンプス(RADWIMPS)」が制作。

曲を聞いてシーンを作るというリクエストのもと、

ラッドウィンプスの野田洋次郎は、

製作初期からデモ曲をやり取りし、

プロット段階から作品に携わってきたそうです。

新曲「前前前世」(読み:ぜんぜんぜんせ)を含め、

大切な場面で書き下ろしたボーカル曲が複数使われるそうです。

 

 

なお、『君の名は。』のキャラクター原案を務めるのは

『心が叫びたがってるんだ。』の田中将賀。

また、作画監督は、『千と千尋の神隠し』など

多くのスタジオジブリ作品を手掛けた安藤雅司を迎えるなど、

日本最高峰のスタッフが集結。

 

 

【ストーリー】

千年ぶりとなる彗星の来訪を一か月後に控えた日本。

山深い田舎町に暮らす女子高校生・三葉は

憂鬱な毎日を過ごしていた。

町長である父の選挙運動に、家系の神社の古き風習。

小さく狭い町で、周囲の目が余計に気になる年頃だけに、

都会への憧れを強くするばかり。

 

「来世は東京のイケメン男子にしてくださーーーい!!!」

 

そんなある日、自分が男の子になる夢を見る。

見慣れない部屋、見知らぬ友人、

目の前に広がるのは東京の街並み。

戸惑いながらも、

念願だった都会での生活を思いっきり満喫する三葉。

「不思議な夢……。」

 

一方、東京で暮らす男子高校生、瀧(たき)も、

奇妙な夢を見た。

行ったこともない山奥の町で、

自分が女子高校生になっているのだ――。

 

彼らが体験した夢の秘密とは?

出会うことのない二人の出逢い。

少女と少年の奇跡の物語が、いま動き出す。

 

 

【作品情報】

『君の名は。』

監督・脚本:新海誠

声の出演:神木隆之介 上白石萌音

キャラクターデザイン:田中将賀

作画監督:安藤雅司

製作:東宝 コミックス・ウェーブ・フィルム 他

制作プロダクション:コミックス・ウェーブ・フィルム

配給:東宝

公開日:2016年8月26日(金) 全国東宝系公開

(c)2016「君の名は。」製作委員会

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です