ダイエット実践中の若者の飲食店での“ライス残し” が多発 一部の店はニーズに合わせた素敵な対応も  

糖質制限ダイエットがブームとなっている影響で、

飲食店での“ライス残し”が多発しているようです。

 

自身のダイエットのためという言い分の元、

注文しておきながらもライスを残す客の多さに

飲食店の従業員は困惑しているそうです。

 

「最近のダイエットブームの影響なのか、

ライスを注文しても当然のように残して帰る

お客様が増えています。

わたしたちの世代は『米粒を残したら、目が潰れる』

と家庭で厳しくしつけられただけに、

どうしても簡単にライスを残してしまう

お客様には困惑していますね。

そのまま残飯にしてしまうのは心が痛むので、

最初からライス抜きで注文してほしいです」

(40代・男性従業員)

 

 

全くおっしゃる通りですね。

ダイエットするのは個人の自由なので止めませんが、

外食時に注文しておいて平気で残すというのは

ひどいと思います。

まぁ、まずくてとても食えたものではないとかなら別ですが、

ライスでそれはないでしょう。

なぜ、元々食べる気が無いにも関わらず、

ライスを注文する方が多いのでしょうか。

 

 

昨年10月、全国の20~69歳男女を対象に実施された

農林水産省の「国民食生活実態調査」によりますと、

20代男性のおよそ5人に1人が、

1か月間コメを食べない食生活をしていることが

明らかになりました。

全体で1か月以内に「ごはん(コメ)を食べる」と回答したのは

93.2%だったものの、20代男性では81.6%にとどまったほか、

30代も88.5%と9割未満に。

20代女性も91.5%で男性と同様に

年代別で最も低かったことから、

若い世代にとって米は有難いものでは

なくなりつつあるみたいです。

 

 

糖質制限ダイエット中で大手電機メーカー勤務の30代男性は

「だって、わざわざ『ライスなしで』って注文するのは、

店中に『俺は糖質制限してるぞ』と宣言しているみたいで

恥ずかしいじゃないですか。

定食なんかを『ライスなしで』と言ったところで、

割引してくれない飲食店は多いですからね」

と語られたそうです。

 

 

ライスありと無しで料金が変わらないということですか。

私はそんなお店聞いたこと無いですが、そうなってくると

確かに頼まないと損だって心理が働いてもおかしく無いですね。

いくらこの30代の男性の方でも料金が違えば

素直にライス抜きでと言うかもしれませんし。

 

 

糖質制限ダイエットや肉食ブームを受けて、

人気の飲食チェーン店にはこうしたニーズに応える工夫を

しているみたいです。

 

大手定食チェーンの「大戸屋」では、

さまざまな定食メニューをおかず単品で注文できるほか、

豆腐や納豆、野菜などのサイドメニューが豊富ということで、

ダイエット挑戦者にはもっぱら評判がいいみたいです。

 

また、都心部を中心に店舗を拡大する

「いきなり!ステーキ」では、

ランチメニューのライス抜きを100円引きで全店対応するほか、

糖質が多い付け合わせのコーンを、

ブロッコリーやインゲンに無料で変更できるようにするなど、

うまく顧客のニーズを捉える戦略で人気を得ています。

 

 

 

もちろん平気で料理を残す客も悪いですが、

わがままな客に文句を言うよりも、

このように世の中のニーズに合わせて

臨機応変に対応していくことの方が重要というわけですね。

 

 

「ダイエット実践中の若者の飲食店での“ライス残し” が多発 一部の店はニーズに合わせた素敵な対応も  」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です