「若冲展」ついに「320分待ち」に 時間整理券などの対策を求める声が多発

現在、東京都美術館で開催されている「若冲展」の人気が凄いことになっているみたいですね。

ネットには、目を疑うような行列報告が寄せられており、

何らかの改善策を求める声があがっています。

 

 

「若冲展」は、江戸時代中期の画家

伊藤若冲の生誕300年を記念して開かれている展覧会です。

動植物を繊細かつカラフルに描く一方、

ユーモラスな表現も多い若冲は、

日本よりもむしろ海外で高く評価されてきたようですが、

近年にわかに日本でも注目され始め、

“若冲ブーム”といっても過言ではないほど

人気が高まっています。

 

 

今回の展覧会は、若冲の初期から晩年までの代表作89点が集結。

若冲が京都・相国寺に寄進した「釈迦三尊像」3幅と

「動植綵絵」30幅が初めて東京で一度にお披露目される

とあって、その混雑ぶりはもはや異常事態といえるほど。

ツイッターの現場報告を見ると、

 

「若冲展の待機列。

公園入口の交番近くに、210分待ちの看板が出てました…」

(5月16日)

「平日、雨の天気で260分待ちの若冲展、すごすぎる」

(5月17日)

など、「雨」「平日」といった条件も無関係に

待ち時間は伸び続け、65歳以上が無料となる

「シルバーデー」(毎月第3水曜日)の5月18日には、

「10:45現在でついに320分待ち!!」

「若冲展、本日、シルバー無料デイだけど、

一時、入場320分待ちって、一体、何なの?

5時間20分待ちは凄い!」

と、ついに5時間超えを記録。

 

あまりの待ち時間の長さに、ツイッターには、

「待ってる間に映画2本観られるのか」

「えーと若冲展は『待ち時間の長さで世界記録を作ろう!』

的なキャンペーンでもおこなわれているのでしょーか…?」

「ネットをしていない老人層に若冲展の混雑を知らせるには、

もう、朝のnhkニュースの画面隅に

『若冲展昨日の最大待ち時間240分』って出すしかない」

と、驚きの声が寄せられています。

 

そして一方では、

「ただ並ばせず、時間制整理券など配って近隣に客を放つ方が

経済貢献するだろうに」

「整理券を出して、国立西洋美術館を見に行ってもらったり、

すぐ近くにある東京国立博物館に行ってもらえばいいのに」

「何時間もただ突っ立って待ってるとか苦行かよ。

整理券でももらってその間他の展示見ててもらうなり

周囲のお店で時間潰してもらうなりしたほうが

みんな幸せなのでは」

など、運営側に何らかの対策を求める声もあがっています。

 

 

まぁ、ここまで混むとは思いもしなかったんでしょうね。

ただ、ただでさえ気温が上がり始めているこの時期に

ただ外で待たせるような状況が続くのは避けるためにも、

整理券なりなんなり、

状況を打開できるような対策を始めてほしいですよね。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です