偽造カードで約14億円を一斉に引き出し 偽装カードはおよそ1600枚も

全国の17の都府県にあるコンビニエンスストアのATMで

偽造されたとみられるクレジットカードが一斉に使われ、

現金合わせておよそ14億円が不正に引き出された

疑いがあることが分かりました。

警察庁は、国際的な犯罪グループが関与しているとみて、

関係する都府県の警察に迅速に捜査にあたるよう指示しました。

 

 

14億ですよ、14億。

規模がとんでもないですよね。

しかも、明らかに組織的な犯行ですもんね。

いったいどこの犯罪組織の仕業なのでしょうか。

 

 

警察庁などによりますと、今月15日、

東京や大阪など全国の17の都府県にある

コンビニエンスストアのATMで

短時間の間にクレジットカードが一斉に使われ、

現金合わせておよそ14億円が不正に引き出された疑いがあると

銀行側から相談があったということです。

いずれも限度額の10万円が引き出され、

取り引きは1万4000回以上に上ったということです。

 

 

銀行やカード会社の取り引き記録から、

南アフリカの銀行が発行したおよそ1600枚の

クレジットカードの情報が使われたとみられ、

流出した情報を基に偽造カードが作られた疑いがある

ということです。

 

 

クレジットカード情報なんて

絶対流出させてはいけないものなのだから、

もっとセキュリティを強化していかないとダメですよね。

もちろん個人個人でも情報の取り扱いには

慎重にならないといけませんし。

 

ただ、今回の場合は1600人の犯人の特定は

できるかもしれませんね。

だいたい1人辺り9回の取引を

連続して行っていることになりますから、

コンビニの監視カメラの記録を見てそういう行動をしている人を

1人ずつピックアップしていけばいいですからね。

作業量はとんでもないことになりそうですが。

兎にも角にも、警察の皆様には事件解決に向けて

頑張って欲しいですね。

 

 

 

警察庁は、国際的な犯罪グループが関与しているとみて、

関係する都府県の警察に迅速に捜査にあたるよう指示しました。

 

警察は、ICPO=国際刑事警察機構を通じて、

南アフリカの捜査当局とも連携し、

捜査を進めることにしています。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です