電子コミック「11円」セールで売り上げがアタッシュケース3個分を超える

すごい量ですよね。

ちなみに、一億円の重さがだいたい10kgで、

アタッシュケースの重さが軽いもので3.3kgなので、

これが3つとなると、全部で40kgくらいあります。

力持ちの方なら持てるかもしれませんが、

私にはとても持てる重さではないですね。

 

 

電子コミック販売サイト「漫画onWeb」や電子書籍取次サービス

「電書バト」などを運営する漫画家の佐藤秀峰さんは、

2月に伝書バトが実施した、電子コミック131冊を各11円で

販売するセールの効果で、

2月の売り上げ総額が3億円を超えたことを明らかにしました。

売り上げトップだった佐藤さん本人には、

1億3000万円以上の印税が入ったみたいです。

 

出版不況の中、この結果が

「すべての漫画家の希望となることを願っている」

としています。

 

 

私は電子本を今まで買ったことがないのですが、

この様子を見ると世間ではかなり需要があるみたいですね。

やっぱお手軽だからでしょうか。

 

ただ、これはゲームやCDでも言えることですが、

私としては形にあるものとして買わないと

なんか不安なんですよね。

だからゲームとかでもダウンロード販売で購入したことは

(ダウンロードでないと購入できないもの以外)ないんです。

 

まぁそんなこと言ってるから、

私の部屋はどんどん物が溢れてしまうんだろうな・・・。

 

 

セールは、「楽天Kobo電子書籍ストア」で

2月2日から1カ月間実施。

「海猿」(佐藤秀峰作)、

「禍々しき獣の逝く果ては」(楠本弘樹作)、

「あいこのまーちゃん」(やまもとありさ作)

など42タイトル・合計131冊を各11円で販売されました。

 

 

2月の売り上げ総額は3億円を超え、

各作家が受け取るロイヤリティ額は、

トップの佐藤さんが1億3388万円、

2位の佐藤智美さんが1896万円、

3位が716万円(匿名作家)、

4位が595万円(同)、

5位の楠本弘樹さんが230万円となりました。

 

 

佐藤さんは、1億3388万円という額について

「1カ月間のロイヤリティ金額としては、控えめに言っても、

これまでの電子書籍の常識を打ち破る数字」とみています。

紙の書籍の印税で同額を稼ぐには、

単行本を約300万部を売り上げる必要があるらしいです。

 

 

販売したタイトルは新作ではなかったが、

「大幅な値引きを行なった上で、

取り扱い全作品を一気にセールに投入する」

という作戦が奏功し、大きな売り上げに繋がったみたいです。

 

 

参加した作家からは

「紙の本ではほとんど利益を産まなかった作品が、

電子書籍として売り上げを計上したことは新鮮な驚きでした。

読みたい、買いたいと思っている読者に正規に届けられた、

ということに電子書籍の役割、可能性を大いに感じています」

と感想が寄せられたといいます。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です