「アトリエ」シリーズ新作が2016年秋に発売予定! 今回のテーマは「旅」

001

 

通りすがりの錬金術士だ!覚えておけ!(|d|b|)

 

 

今ままでは基本的に主人公が暮らす街の周りを

探索するのが主でしたもんね。

今回のアトリエのストーリーがどんな風に展開していくか

楽しみですね。

 

 

 

コーエーテクモゲームスは本日(2016年5月30日)、

ガストの「アトリエ」シリーズ最新作となる

「フィリスのアトリエ ~不思議な旅の錬金術士~」を、

2016年秋に発売すると発表しました。

 

プラットフォームはPlayStation 4とPlayStation Vita。

価格は未定となっていますが、

通常パッケージ版とダウンロード版のほか、

シリーズ恒例のプレミアムボックスと、

さらに限定アイテムが追加された

スペシャルコレクションボックスも用意されます。

 

 

 

本作は、

「プレイヤーが自分だけの物語を描くことのできる世界」

の実現を目指して、

「旅」をテーマに開発が進められているという。

主人公である「フィリス・ミストルート」は、

町を出たことのない、外の世界に憧れる少女。

フィリスは、ふとしたきっかけで錬金術に触れ、

外の世界を目指すことになるが、

そこでさまざまな困難に直面することになる。

そのとき、どのような道を選ぶかは、

プレイヤーの選択にゆだねられ、

その内容によって、本作の物語は少しずつ変化していく。

 

 

また、フィールドがこれまで以上に

広大なスケールになっていたり、

極寒の地や熱帯地域など、その気候や土地柄に合わせて、

フィリスの衣装が変化したりと、

旅というテーマに合わせたさまざまな要素も

盛り込まれているみたいです。

 

 

 

STORY

さまざまな“不思議”に満ちあふれた、

辺境の一地方

その片隅の荒野のただ中に、小さな町がありました

そこは、採掘を生業とする人々が寄り添う町

岩山をくり抜き作られた、地中の都

その環境ゆえに季節を告げる風は吹かず、

陽の光でさえ、かすかに岩の隙間から差し込むだけ

水晶を明かりとし、鉱石と共に暮らすこの町には、

ひとりの少女が住んでいます

少女には夢がありました

外の世界を自由に歩いてみたいという、ささやかな夢

しかしそれは、叶わぬ願いでもありました

少女を阻むのは、町の入口を塞ぐ巨大な鉄扉

限られた者しか通ることを許されないその扉は、

少女のか細い腕にはあまりにも重すぎたのです

外への想いを胸に秘め、開くことの無い扉を眺める毎日

しかし、そんな日々は突如として終わりを迎えます

ある日少女が出会った力――『錬金術』

この運命とも言える出会いは、少女を旅へと誘うのでした

どこまでも続く、不思議な旅へ――

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です