『バトルフィールド 1』初のマルチプレイライブが「アントワープ包囲」後に配信

150295

 

 

 

アントワープ包囲は、

1914年の9月28日から10月10日までの13日間、

ドイツ軍によってベルギー、アントワープが包囲、占領された

第一次世界大戦中の出来事です。

 

 

おそらくゲームに出てくることはないんじゃないかな。

と言っても、まだ第一次世界大戦のどの辺の話になるかの情報が

全くと言っていいほど出てきていないので、

ひょっとしたらアントワープ包囲がチラッと出てくることは

あるかもしれませんね。

 

出てきたところで銃撃戦があるわけじゃないから

すごい退屈だろうけど。

 

 

 

EA DICEが開発するFPSシリーズ最新作

『バトルフィールド 1(Battlefield 1)』。

ゲーム内容に大きな注目が寄せられている本作ですが、

E3直前に開催されるEAの独自イベント

「EA PLAY」にて64人ゲームプレイの様子を

ライブストリーム配信すると発表されました。

 

 

配信は日本時間6月13日午前6時からとなっており、

具体的な配信場所は現時点ではまだ不明です。

 

 

あ、朝の6時ですか。

海外発信だから仕方ないとはいえ凄い時間に配信されますね。

でもこれは早起きするしかないですかな。

勤務開始時間まではできる限り配信を見ていようと思います。

 

 

 

なお、内容は前述したように64人のマルチプレイヤーが

配信される予定みたいです。

 

両チームのキャプテンには

『バトルフィールド』コミュニティメンバーから、

「BATTLEFIELD FRIENDS」のNoob氏と

StoneMountain64氏が抜擢。

 

そのほかにも人気YouTuberやTwitch配信者、

スペシャルゲストが参加するとのことです。

 

 

 

また、告知に併せて公開された画像にはストックと

「MP18」にも見られたスネイルマガジンを装着した

「ルガーP08」のアーティラリーモデルらしき姿も

確認されています。

 

この辺の詳細なども配信の時にある程度は

明らかになりそうですね

 

 

『バトルフィールド 1』はPC/PS4/Xbox Oneにて

10月21日の発売を予定しています。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です