「海のハンター展」が国立科学博物館で開催! 前売り券も発売中!

banner

 

 

 

 

海のハンターですか!

 

タコなんかも言ってしまえば

海のハンターではありますが、

今回開催される展示会は

サメちゃんが中心みたいです。

 

 

とても凶悪で迫力満点な展示物が

見れそうですね!

 

 

 

「海のハンター展」が、

東京・上野公園にある

国立科学博物館で開催されます。

会期は、

2016年7月8日(金)から

10月2日(日)までとなっています。

 

 

 

私たちの生活圏を取り囲む海。

今、この瞬間にもそこに暮らす生物たちは

“食うか・食われるか”を繰り広げています。

 

 

この展示会では、

海のハンターが生きるために必要な

「捕食」に注目しているとのこと。

 

なかでも「顎」や「歯」 の

進化にスポットを当て、

海のハンターの形や大きさ、

ハンティングのテクニックなど

多様な姿を紹介してくれるみたいです。

 

 

 

様々な海域に生きるハンターや、

太古の海に繁栄したハンターの姿を、

計160点の骨格標本、剥製、化石、

復元模型などで展示。

 

ハンティングの様子を捉えた迫力ある映像も交え、

力強いその姿を迫っていける模様。

 

 

中でも見所は、

日本初公開となる全長3.2mの

オスのホホジロザメ成魚の全身液浸標本。

 

内臓や筋肉など生物の形をしっかりと保存し、

間近で本物の巨体を

じっくりと観察できる貴重な機会を

得ることができます。

 

 

また、史上最大のサメ類

「カルカロドン・メガロドン」を、

全長12.5mの世界最大級の全身復元模型で再現。

 

およそ1000万年前の

新生代中新世に繁栄していた生物の迫力を

間近で感じる事ができます。

 

 

 

これはいい機会ですし、

行くしかないですね!

 

 

ちなみに、

この展示会開始の前日には

ジブリの大博覧会が始まります。

 

場所は六本木で

上野ともそれほど離れていませんし、

こちらも合わせて行ってみると

いいかもしれませんね。

 

 

 

【概要】

海のハンター展 ―恵み豊かな地球の未来―

会期:2016年7月8日(金)〜10月2日(日)

開館時間:9:00〜17:00(金曜は20:00まで)

※8月11日(木)〜17日(水)は18:00まで(8月12日(金)は20:00まで)

※入館は各閉館時刻の30分前まで

会場:国立科学博物館(東京・上野公園)

住所:東京都台東区上野公園 7-20

入場料:一般・大学生 当日 1,600円、前売・団体 1,400円

小・中・高生 当日 600円、前売・団体 500円

金曜限定ペア得ナイト券 2名1組 2,000円

※本券で本展を観覧した者は、同日に限り常設展も観覧可能。

※未就学児無料。

※団体は20名以上。

※前売券は5/2〜7/7販売、当日券・団体券は 7/8〜10/2 販売。

※障害者手帳の所持者とその介護者1名様は無料。

※金曜限定ペア得ナイト券は、2名様同時入場/男女問わず/金曜

(17:00〜20:00、最終入場19:30分)入場可

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です