『バイオハザード7』新たな境地の新作に震えろ

CAPCOM_BH7_KEYART_MANSION_sRGB_BIOHAZARD

 

 

 

 

ついに新作が発表されましたね。

正直体験版だけでも、

とてもじゃないが夜はプレイできないくらいの

懐かしい恐怖を味わうことができたので

本リリースがとても楽しみです。

 

 

 

E3 2016会期中、6月14日に

ソニー・インタラクティブエンタテインメント

ジャパンアジアとカプコンから発表された

待望のシリーズ最新作

『バイオハザード7 レジデントイービル』。

 

ナンバリングタイトルであることはもちろん、

PlayStation Plus会員向けにリリースされた体験版

『バイオハザード7 ティザー~ビギニングアワー~』

に込められた謎の展開には国内のみならず

海外からも大きな反響が寄せられていました。

 

 

 

発表時には

「マジでめちゃくちゃ楽しみ、

『Resident Evil 5』と『Resident Evil 6』は

嫌いじゃないけど良作Co-opゲーって感じだった。

再び『RE』シリーズにビビる準備はもう万端だよ」

「新キャラクターに新たなスタイル、一人称視点、

サバイバルホラーへの回帰……夢のような続編じゃないか!」

と歓喜の声が大半だったみたいです。

 

 

 

それにしても、

『バイオハザード5』と『バイオハザード6』の

海外での評価は結構高かったのでしょうか。

 

 

システムが大きく変わった

『バイオハザード4』以降の作品は

日本では評価が結構分かれています。

 

 

『Days Gone』の記事でも少し触れましたが、

バイオハザードの敵がゾンビではなくなってからは

控えめに言っても別ゲーと言わざるをえません。

 

 

ただ、私個人の感想では

『バイオハザード4』と『バイオハザード5』

については、徹夜してやりこんでしまったくらい

とても面白かった。

 

なので、6月28日発売の

『バイオハザード5 HD』

すごく楽しみです。

 

 

ただ、『バイオハザード6』はなぁ・・・。

 

 

あれを良作と言ってくれる外人さんの懐の広さは

感動すら覚えます。

 

まぁ、きっとバイオハザードに求めているものが

違うんだろうな。

 

 

でも、そんな外人さんも今回発表された

雰囲気が一変した新作にも大喜びの様子。

 

 

バイオハザードファンの鑑のような方の期待を

裏切らないような作品を是非作って欲しいですよね。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です