『GRAVITY DAZE 2』に新情報! 街の広さは前回の2.5倍以上!

GD2_MAINVISUAL

 

 

 

 

 

前回より様々な要素がパワーアップして

帰ってきた模様です。

 

私は前作に関しては、最初に発売された

Vitaでしかやっていなかったので、

今作こそはPS4という最高ハードの性能で

グラビティデイズをプレイしてみたいですね。

 

 

 

gd0016

2015年12月のゲームメディア向け記者会見以来

大きな動きがなかった『GRAVITY DAZE 2』ですが、

最新プレイアブルデモが「E3 2016」の

ソニー・インタラクティブエンタテインメントブースに

出展されていましたね。

 

 

 

『GRAVITY DAZE 2』は『GRAVITY DAZE』の続編となる

アクションアドベンチャーゲームで、

重力姫「キトゥン」と「グラビディ・クロウ」の

2人による新たなアクションやストーリーが展開されます。

 

 

ゲームコンセプトは

「LIVELY TOWN(生きている街)」ですが、

今回のデモはまさしく“生きている街”を

感じることが出来る模様。

 

前作よりも鮮やかになった街並みには

様々な住民が活き活きと暮らしており、

数分プレイしただけで

「ここに住んでみたい」と思えるほど魅力的なのだとか。

 

マップの広さは前作の約2.5倍であることが

発表されていますが、その密度も段違いで、

縦に広い『GRAVITY DAZE』の世界が

より鮮明に広がっているみたいです。

 

 

本作のキーである重力アクションの操作性は

PS4版『GRAVITY DAZE』と同じ感覚で楽しめ、

本作から重力スタイルを変更できる

「アトリビュートチューン」というシステムが追加。

 

このシステムは、今まで通りの重力操作に加え、

重力が軽くなる「ルーナチューン」と、

重力が重くなる「ユピトールチューン」を

タッチパッドで切り替えるというものです。

 

 

「ルーナチューン」は、イメージは月面を歩く感覚で、

ピョンピョンピョンとスキップする様な歩き方。

ジャンプによる高速移動も可能で、

重力キックは敵の前まで瞬間移動するようになり、

一発の威力は低い代わり、

連続キックで敵を素早く攻撃することが可能。

 

 

一方の「ユピトールチューン」は

重力が重たいため動きも遅めで、

通常攻撃の速度も遅いです。

 

その代わりに重力キックは強力で、

空中でチャージすると周りを吹き飛ばすほどの

高火力キックを繰り出せます。

 

 

 

本作ではこの3つのスタイルを

自由自在に切り替えて戦うことが出来るみたいですね。

 

戦闘の幅が一段と広くなったので、

それに対応するような形で

敵のバリエーションもかなり増えていると思います。

 

 

新たに生まれ変わった重力の世界、

とても楽しめそうですね!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です