キセキのパンケーキ、下北沢に現る!

P024390173_480

 

 

 

パンケーキの見た目がシンプルでいいですね。

640x640_rect_38297122

 

 

 

この奇跡のパンケーキは7月9日より販売開始予定です。

 

ちなみにこの前日には

上野でサメの展示会が開始するので、

よろしければそちらも見学してみてはいかがでしょうか。

 

 

 

ところで、この奇跡のパンケーキですが

奇跡と呼ばれる所以は、そのふわふわとした食感と

その舌触りにあるらしいです。

 

 

ただ、私は少し気になるんですよ。

最近あちこちで奇跡という表現を聞きますけど、

そもそも奇跡って具体的にはどれくらい凄いのだろうか。

 

 

 

奇跡(奇蹟、きせき、英: miracle)は、

神など超自然のものとされるできごと。

人間の力や自然法則を超えたできごととされること。

 

・・・と定義づけられてはいます。

 

 

これには今回のパンケーキの件は当てはまらないですよね。

 

 

 

 

ただ、スポーツなどでは

格上に対する劇的な勝利や信じがたいプレーを

奇跡と呼ぶことがあります。

 

サッカーでは、

ある国やチームが後半ロスタイムに同点・逆転した場合や、

圧倒的に格上のチームに勝利した場合に

その出来事を開催地の名を取って

「~の奇跡」と名付ける事があるそうです。

 

 

 

また、統計学的に極めて低い確率でしか起こらないことが

実現した場合にも用いられています。

 

心理学の研究を行う際に統計学が用いられる背景として、

心理学は「奇跡的な」ある特定の人物や事象に関して文学的、

記述的に行うものではなく、一般的で平均的な傾向、

すなわち統計的に有意ではない傾向を

統計学を用いて研究しています。

 

すなわち、既存の心理学の理論にはあてはまらない

統計学的に有意な態度や行動を行う人物は

少数ながら存在しており、

ある意味彼らの人生を

「奇跡」とみなすことは可能でしょう。

 

 

 

しかしまぁ、このパンケーキに

該当しそうな意味の奇跡が見つかりませんね。

 

 

 

「奇跡」という語は時として人々を惹きつける力を持ち、

それゆえこれを悪用する例もあります。

 

悪徳商法や悪意のある新興宗教の勧誘で用いられる手法ですね。

 

 

正直今回の場合、この悪用の意味としての奇跡が

一番しっくりしているんだよなぁ。

 

これに限らず、

奇跡の〇〇って聞いたら

どうしたって気になっちゃいますもんね。

 

この記事のタイトルしかり。

 

 

今回のものは悪徳商法では絶対ないと思いますが、

宣伝効果を狙って奇跡といったものであるのは間違いない。

 

 

 

とまぁ、ここまでいろいろ言ってますが、

正直奇跡なんて言われたらどうしたって気になっちゃいますよ。

 

実際凄く美味しそうですし。

 

そのうち食べに行きたいですね。

 

 

 

いやー、本当に奇跡って言葉はずるいわ。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です