今年ももうすぐ発表  イグノーベル賞!!

去年もこちらで取り上げましたが

今年もイグノーベル賞の発表までもう少しとなりました!!

公開までだいぶ遅くなってしまいましたが・・・・・・

 

去年の記事を更新した時は、

特に内容を説明もせずに発表だけしましたが、

今年の受賞者の発表までの間に

そもそもどういう賞なのか

今までどのような受賞したものがあるのか を

紹介していきたいと思います。

まず

イグノーベル賞は、1991年に創設された
「人々を笑わせ、そして考えさせてくれる研究」
に対して与えられるノーベル賞のパロディーである。

(Wikipediaより)

 

 

個人的にはあれですよね

この時点ででもう面白いです。

すでにこの3行だけでわりと突っ込みどころが。。

ノーベル賞のパロディということで

授賞式はノーベル賞と同じような形で行われるそうです。

(同じような といって良いのかかなり疑問はありますが・・・)

 

ちなみに授賞式まで行く経費は自己負担らしいですよ

 

また、スピーチの発表では限られた制限時間内に

笑いを取ることが鉄則になっています

 

そして制限時間が近付くとぬいぐるみを持った女の子が

「もうやめて 退屈なの」と妨害してきます。

これは9歳の幼女に罵られるのが最も心的ダメージが大きいという

立派(?)な研究結果に基づいたものです。

 

ちなみにお菓子などのプレゼントで幼女を買収すると

時間を延長したスピーチをすることができます。

ただし、成功かどうかは幼女次第です

 

スピーチが終わるとみんなで一斉に紙飛行機を投げるのが恒例

(ここだけ参加したい←)

 

この紙飛行機を片付けるのが

ロイ・グラウバー博士です。

紙飛行機を片付ける人なんて思ってはだめです

 

この方なんと

ノーベル物理学賞を受賞した、世界的な物理学者なのです。

 

イグノーベル賞の受賞にはノーベル賞を受賞されている方も多いそうです

いいのか悪いのか・・・・・・

 

 

ちなみにここまでのお話で、

人類の役に立つのかどうか怪しいイグ・ノーベル賞ですが

 

なんと日本人の受賞者が結構います!

 

(というか大体毎年いる)

 

 

今年も受賞することはできるのでしょうか・・・・・・・

 

楽しみです