今年ももうすぐ発表  イグノーベル賞!!

去年もこちらで取り上げましたが

今年もイグノーベル賞の発表までもう少しとなりました!!

公開までだいぶ遅くなってしまいましたが・・・・・・

 

去年の記事を更新した時は、

特に内容を説明もせずに発表だけしましたが、

今年の受賞者の発表までの間に

そもそもどういう賞なのか

今までどのような受賞したものがあるのか を

紹介していきたいと思います。

まず

イグノーベル賞は、1991年に創設された
「人々を笑わせ、そして考えさせてくれる研究」
に対して与えられるノーベル賞のパロディーである。

(Wikipediaより)

 

 

個人的にはあれですよね

この時点ででもう面白いです。

すでにこの3行だけでわりと突っ込みどころが。。

ノーベル賞のパロディということで

授賞式はノーベル賞と同じような形で行われるそうです。

(同じような といって良いのかかなり疑問はありますが・・・)

 

ちなみに授賞式まで行く経費は自己負担らしいですよ

 

また、スピーチの発表では限られた制限時間内に

笑いを取ることが鉄則になっています

 

そして制限時間が近付くとぬいぐるみを持った女の子が

「もうやめて 退屈なの」と妨害してきます。

これは9歳の幼女に罵られるのが最も心的ダメージが大きいという

立派(?)な研究結果に基づいたものです。

 

ちなみにお菓子などのプレゼントで幼女を買収すると

時間を延長したスピーチをすることができます。

ただし、成功かどうかは幼女次第です

 

スピーチが終わるとみんなで一斉に紙飛行機を投げるのが恒例

(ここだけ参加したい←)

 

この紙飛行機を片付けるのが

ロイ・グラウバー博士です。

紙飛行機を片付ける人なんて思ってはだめです

 

この方なんと

ノーベル物理学賞を受賞した、世界的な物理学者なのです。

 

イグノーベル賞の受賞にはノーベル賞を受賞されている方も多いそうです

いいのか悪いのか・・・・・・

 

 

ちなみにここまでのお話で、

人類の役に立つのかどうか怪しいイグ・ノーベル賞ですが

 

なんと日本人の受賞者が結構います!

 

(というか大体毎年いる)

 

 

今年も受賞することはできるのでしょうか・・・・・・・

 

楽しみです

 

 

【悲報】3日間使うだけの建物にアタッシュケース31個分の金をかける国があるらしい

20160604-00010002-bfj-000-4-view

 

 

 

悲しいけどこれ、うちの国のことなのよね・・・。

 

 

国際社会における一大イベントであるサミットのため

とはいえ、今回の件に関しては納得できない方も

多いみたいですよね。

 

 

ま、そりゃそうか。

 

だって、こんな金の使い方してるくせに消費税増やすとか

言ってるんだから、批判が来てもしょうがないってもんです。

 

ただ、消費税増やすことに関しては民主党が決めたことなので

安倍さんは悪くないですよ。

その辺を誤解してる人が多いので一応。

 

 

まぁ、消費税増やす前にまずは会議中に居眠りしてるような

無能政治家の首を切ることから

始めた方がいいと思いますけどね。

 

中継とか見るとたまに寝てるやつが映ることもあるので

気になった方は見てみてください。

 

 

 

5月に開かれた伊勢志摩サミットで

、各国報道陣の取材拠点となった国際メディアセンター。

その横に約28億5000万円かけて建てられた「別館」が、

10月までに解体されます。

解体費は約3億円です。

 

 

インターネット上には、「もったいない」の声も多い。

数字だけ見ればそう思うのは当然ですよね。

しかし、外務省の担当者はこう断言したらしいです。

 

「安いと信じている」

 

し、信じているって・・・。

感情論ですか。そうですか。

後述しますが、一応安いというのにもそれなりの根拠は

あるみたいなので、信じているなんて曖昧な表現はせずに

「安く済ませた」

とか断言しておけば、ここまで国民から言われることは

なかったんじゃないかなぁ。

多分ですけどね。

 

 

 

「アネックス」と呼ばれるこの別館には、

日本食を提供するダイニングや、日本の技術、伝統文化の展示、

三重県の魅力を発信する情報館などが設けられていました。

外には日本庭園もあり、外壁や内装には三重県産の杉や

国産の檜が使われ、海外メディアに日本をアピールした様子。

 

 

5月25日朝から28日正午まで使われたこの施設には、

33の国と地域から約5000人の報道関係者が

詰めかけました。

中でもダイニングでは無料で食事が提供され、

取材に訪れた記者が太るほどのおもてなしがあったといいます。

 

 

で、安いと信じているという言葉の根拠ですが、

元々アネックスを建てた土地は県有地なので使い終わったら

更地に戻して返却しなければならないので、

解体するのは最初から確定していた。

 

なのでコストを抑えるために仮設建築として作ったので

恒常的に使うことはできない。

 

ただ、コストを抑えるといっても自然災害に耐えられるレベルの

強度は必要だし、国際会議で何千人というメディア関係者が

来た時に、安全に、快適に作業できるスペースを確保する

必要はあったので、それなりの規模になった。

 

・・・と言うことらしいです。

 

 

この辺の事情をもっとちゃんと説明すれば

皆分かってくれるんじゃないかな。

 

信じているとかいう感情論はどうかと思いますけどね。

 

 

偽造カードで約14億円を一斉に引き出し 偽装カードはおよそ1600枚も

全国の17の都府県にあるコンビニエンスストアのATMで

偽造されたとみられるクレジットカードが一斉に使われ、

現金合わせておよそ14億円が不正に引き出された

疑いがあることが分かりました。

警察庁は、国際的な犯罪グループが関与しているとみて、

関係する都府県の警察に迅速に捜査にあたるよう指示しました。

 

 

14億ですよ、14億。

規模がとんでもないですよね。

しかも、明らかに組織的な犯行ですもんね。

いったいどこの犯罪組織の仕業なのでしょうか。

 

 

警察庁などによりますと、今月15日、

東京や大阪など全国の17の都府県にある

コンビニエンスストアのATMで

短時間の間にクレジットカードが一斉に使われ、

現金合わせておよそ14億円が不正に引き出された疑いがあると

銀行側から相談があったということです。

いずれも限度額の10万円が引き出され、

取り引きは1万4000回以上に上ったということです。

 

 

銀行やカード会社の取り引き記録から、

南アフリカの銀行が発行したおよそ1600枚の

クレジットカードの情報が使われたとみられ、

流出した情報を基に偽造カードが作られた疑いがある

ということです。

 

 

クレジットカード情報なんて

絶対流出させてはいけないものなのだから、

もっとセキュリティを強化していかないとダメですよね。

もちろん個人個人でも情報の取り扱いには

慎重にならないといけませんし。

 

ただ、今回の場合は1600人の犯人の特定は

できるかもしれませんね。

だいたい1人辺り9回の取引を

連続して行っていることになりますから、

コンビニの監視カメラの記録を見てそういう行動をしている人を

1人ずつピックアップしていけばいいですからね。

作業量はとんでもないことになりそうですが。

兎にも角にも、警察の皆様には事件解決に向けて

頑張って欲しいですね。

 

 

 

警察庁は、国際的な犯罪グループが関与しているとみて、

関係する都府県の警察に迅速に捜査にあたるよう指示しました。

 

警察は、ICPO=国際刑事警察機構を通じて、

南アフリカの捜査当局とも連携し、

捜査を進めることにしています。

 

 

4匹の犬が羽田空港の滑走路近くに出現! 合計18便に遅れなどの影響

羽田空港で11日、

4匹の犬が敷地内に入り込んでいるのが見つかり、

たびたび滑走路に近づいたため、

12日までに合わせて18便に遅れなどの影響が出ました。

4匹のうち3匹は捕獲され、

空港事務所は残る1匹の捕獲を急ぐとともに、

犬が入り込んだ原因を調べています。

 

 

 

国土交通省東京空港事務所によりますと、

11日午後3時過ぎに、

羽田空港のA滑走路近くの誘導路で

4匹の犬が見つかり、

滑走路に近づいたため、

大分からの便が着陸をやり直したほか、

9便に遅れが出ました。

 

さらに、

12日も2度にわたって滑走路に入り込み、

7便に遅れが出たほか、

上空で待機していた全日空の新千歳からの便が

仙台空港に目的地を変更しました。

 

 

4匹のうち、

11日の夜に1匹、

12日午後に2匹が相次いで捕獲されましたが、

残る1匹はまだ捕獲されていないとのことです。

 

4匹はいずれも白っぽい中型犬だということで、

このうち捕獲された1匹は雑種のメスで、

毛は短く、首輪をつけていませんでした。
羽田空港は赤外線センサーのついた

高さ3メートル以上のフェンスで囲まれ、

各ゲートには24時間態勢で警備員が配置されています。

航空各社によりますと、

犬が貨物から逃げ出す可能性は極めて低いということで、

空港事務所は残る1匹の捕獲を急ぐとともに、

フェンスなどに異常はないか確認を進め、

犬が入り込んだ原因を調べています。

 

 

京空港事務所によりますと、

4匹の犬は11日午後3時40分ごろ、

空港の北側のA滑走路近くの誘導路にいるのを

管制官が見つけたということです。

 

犬はいずれも白っぽい色をしていて、

午後4時には空港の東側に位置する

C滑走路の近くまで移動したということです。

この時、

着陸しようとしていた大分からの旅客機があったため、

管制官が着陸のやり直しを指示しました。

 

犬は4匹ともそのまま居続けたため

離陸が出来ない便が相次ぎ、

9便に遅れが出ました。

午後7時半ごろ、

空港側の依頼を受けた

東京都動物愛護相談センターが

1匹を捕獲することに成功しました。

 

 

12日になっても影響が続きました。

残った3匹は2手に分かれ、

2匹は空港南側のD滑走路に移動しました。

2匹は2度にわたって滑走路内に入って、

7便が遅れたほか、

上空で待機していた新千歳からの便が

燃料が少なくなったとして仙台空港に向かい、

給油し直した影響で1時間半の遅れが出ました。

この2匹は午後3時頃に無事捕獲されたようです。

 

空港事務所によりますと、

最後の1匹は東側のC滑走路の近くを歩いたあと、

午後5時現在、

北側にあるB滑走路の近くにいるということで、

捕獲を急いでいる模様です。

 

 

 

いたずら好きのワンちゃんには困ったものです。

それにしてもどうして犬が滑走路内に侵入できたのか・・・。

真相が気になりますね。