ジョコビッチ、5年振りに2度目の優勝 マスターズ大会最多の29勝目

テニスのマドリード・オープンが8日、

マドリードで行われ、

男子シングルス決勝で世界ランキング1位の

ノバク・ジョコビッチ(28=セルビア)が

2連覇を目指した第2シードの

アンディ・マリー(28=英国)を

6―2、3―6、6―3で下し、

5年ぶりに2度目の優勝を飾りました。

 

 

 

ノバク・ジョコビッチ(1987年5月22日 )は、

セルビア・ベオグラード出身の男子プロテニス選手。

ATPランキング自己最高位はシングルス1位、

ダブルス114位。

ATPツアーでシングルス63勝、

ダブルス1勝。

身長188cm、

体重80kg。

右利き、

バックハンド・ストロークは両手打ちです。

 

 

グランドスラムは歴代5位タイの優勝11回。

全豪オープンオープン化以降最多優勝・最多連覇の

3連覇6回優勝。

ワールドツアー・ファイナル優勝5回現在4連覇中。

マスターズ1000では最多タイの28回の優勝。

2011年にはオープン化以降男子6人目となる4大大会3冠達成。

2015年にも達成。

2015年には史上初の

ATPワールドツアー・マスターズ1000年間6勝、

2度目の4大大会3冠を達成。

 

世界ランキング1位在位記録歴代5位で

2014年7月から現在まで1位に在位中。

セルビア人初の4大大会優勝者で2010年の

デビスカップセルビア代表の優勝に貢献。

 

 

ジョークや有名選手のモノマネといった、

試合内外関わらずユーモラスなパフォーマンスを

行うことでも知られていて

「ノール」(Nole)という愛称で呼ばれ親しまれています。

セルビア・モンテネグロの分離により、

現在は「セルビア」国籍でエントリーしています。

キリスト教セルビア正教会の信徒であるみたいです。

 

 

 

ジョコビッチは第1セット、

第1ゲームをいきなりブレークし、

さらに第5ゲームもブレークするなど

優位に試合を進め6―2で取りました。

第2セットは、

逆にマレーが第4ゲームでブレーク。

そのまま6―3でこのセットを奪いタイに戻しました。

第3セットは第2ゲームをジョコビッチがブレークすれば、

第3ゲームをマリーがブレークバック。

さらに第6ゲームをジョコビッチがブレークして迎えた第9ゲーム。

0―40とされたものの、

7度のブレークポイントのピンチをしのいで

ゲームをものにしました。

 

 

ジョコビッチは今季マスターズ大会3勝目で、

マスターズ大会通算28勝のナダルを抜いて

単独トップの29勝目をマークしました。

 

 

 

世界でもトップクラスの実力を持ちながら

ユーモアの溢れる人って素晴らしいですよね。

ジョコビッチさん、

優勝おめでとうございます。