偽造カードで約14億円を一斉に引き出し 偽装カードはおよそ1600枚も

全国の17の都府県にあるコンビニエンスストアのATMで

偽造されたとみられるクレジットカードが一斉に使われ、

現金合わせておよそ14億円が不正に引き出された

疑いがあることが分かりました。

警察庁は、国際的な犯罪グループが関与しているとみて、

関係する都府県の警察に迅速に捜査にあたるよう指示しました。

 

 

14億ですよ、14億。

規模がとんでもないですよね。

しかも、明らかに組織的な犯行ですもんね。

いったいどこの犯罪組織の仕業なのでしょうか。

 

 

警察庁などによりますと、今月15日、

東京や大阪など全国の17の都府県にある

コンビニエンスストアのATMで

短時間の間にクレジットカードが一斉に使われ、

現金合わせておよそ14億円が不正に引き出された疑いがあると

銀行側から相談があったということです。

いずれも限度額の10万円が引き出され、

取り引きは1万4000回以上に上ったということです。

 

 

銀行やカード会社の取り引き記録から、

南アフリカの銀行が発行したおよそ1600枚の

クレジットカードの情報が使われたとみられ、

流出した情報を基に偽造カードが作られた疑いがある

ということです。

 

 

クレジットカード情報なんて

絶対流出させてはいけないものなのだから、

もっとセキュリティを強化していかないとダメですよね。

もちろん個人個人でも情報の取り扱いには

慎重にならないといけませんし。

 

ただ、今回の場合は1600人の犯人の特定は

できるかもしれませんね。

だいたい1人辺り9回の取引を

連続して行っていることになりますから、

コンビニの監視カメラの記録を見てそういう行動をしている人を

1人ずつピックアップしていけばいいですからね。

作業量はとんでもないことになりそうですが。

兎にも角にも、警察の皆様には事件解決に向けて

頑張って欲しいですね。

 

 

 

警察庁は、国際的な犯罪グループが関与しているとみて、

関係する都府県の警察に迅速に捜査にあたるよう指示しました。

 

警察は、ICPO=国際刑事警察機構を通じて、

南アフリカの捜査当局とも連携し、

捜査を進めることにしています。

 

 

台湾人、ヨットでマレーシアから台湾経由で覚醒剤約600キロを密輸

第11管区海上保安本部と沖縄地区税関が、

那覇市通堂町の那覇港那覇ふ頭に停泊中の

マレーシア船籍のヨットから、

覚醒剤約600キロを押収していたことが

分かりました。

末端価格約420億円に相当するようです。

 

捜査関係者によると一度に600キロの覚醒剤が摘発されるのは

県内で過去最大の模様。

11管などは県内外で覚醒剤を販売しようとしていた

可能性もあるとみて捜査しています。

 

 

密輸はやっちゃダメですよね。

ましてや麻薬なんて。

死刑制度がある国で摘発されていたら

間違いなく死刑ですからね。

 

 

ただ、このニュースを見て少し私が気になったのが、

ただのヨットがマレーシアから台湾までの距離を

麻薬600キログラム+人間6人(60キログラム×6)

合わせて960キログラムのものを載せて運航できたことです。

 

 

ちなみにマレーシアから台湾までの距離ですが、

約3246キロメートルもあります。

普通のヨットでは正直日本と台湾間(627キロメートル)を

走行するのもかなりギリギリです。

 

一応、メガヨットと呼ばれる超大型のヨットであれば

6000キロメートルくらい補給無しで

走行できるみたいですが、

ニュースの映像を見る限り、

そのような高性能のヨットでは無い様子。

 

 

おそらく、映像でも見えるように

補給用のタンクを大量に詰め込んで、

燃料が無くなればその都度補給して、

普通は走行不可能な距離を無理やり走行したのでしょう。

 

 

その努力と度胸をもっと犯罪以外のことで

生かして欲しかったですね。

 

・・・ひょっとしたら。

私が知らないだけで、

燃料を大量に詰め込んで運航するのは

いたって普通のことなのかもしれませんが。

 

 

 

ヨットの台湾人乗組員6人は11日、

麻薬ケタミンを共同所持していたとして

麻薬及び向精神薬取締法違反で逮捕されていました。

11管は覚醒剤の鑑定などを終え次第、

覚せい剤取締法違反(営利目的所持)の疑いで

再逮捕する方針です。

 

 

捜査関係者によると、台湾人船長は覚せい剤取締法違反の容疑について「知らない」と否認しています。

 

 

乗組員は11日午後、

台湾から石垣島経由で那覇ふ頭に入港したところ、

沖縄地区税関の検査で麻薬のケタミンを隠し持っていたとして

逮捕されていました。

6人のうち3人は容疑を認めているが、

他の3人は否認しているようです。

 

 

17日午前、11管と税関で行われた合同家宅捜索で

船内に隠されていた覚醒剤約600キロが発見されました。
ヨットがマレーシア船籍でランカウイ島のものであることから、

東南アジアで生産された覚醒剤を台湾経由で運び、

日本国内に密輸しようとした可能性があります。

 

捜査関係者は押収量が大量であることから

「県内ではさばき切れない。

県外で転売しようとしていた可能性がある」

とし、背後に暴力団や海外マフィアなどがいないかなどを

県警とも連携しながら捜査を進める方針です。

 

 

バナナが食卓から消える!? 「新パナマ病」世界中で感染

世界中の食卓に衝撃が走るニュースがありました。

手ごろな価格で栄養価も高い果物として

親しまれているバナナですが、

バナナの木を枯れさせる病気の感染が

世界中に広がっている模様です。

日本の最大の輸入元のフィリピンでは、

生産量が減少するなど影響も出始め、

対策を急がなければ、

将来、手軽に食べられなくなるおそれがある

と懸念する声が上がっています。

 

私はあまりバナナ好きではありませんが

今まで日常的にあったものが無くなってしまう

なんて嫌ですよね。

ただ、原因が原因なだけに、

食い止めるのは難しい模様です。

 

 

世界中で感染が広がっているのは、

カビの一種である病原体によってバナナの木が枯れてしまう

「新パナマ病」と呼ばれる病気で、

一度かかると治らないため、

バナナの「不治の病」とも言われています。

 

 

バナナの歴史は実は病気との闘いでした。

100年余り前に中米のパナマ周辺で確認され、

その後、世界中に感染が広がったバナナの病気は

「パナマ病」と名付けられ、

当時、流通していたバナナはほぼ絶滅しました。

 

現在、流通しているバナナは「パナマ病」にかかりにくい

品種として開発されたものですが、

さらに感染力の強い「新パナマ病」が新たに現れ、

世界中に広がっています。

 

 

FAO=国連食糧農業機関によりますと、

「新パナマ病」は1990年に台湾で見つかり、

その後、中国大陸や東南アジアに広がり、

現在は、中東やアフリカでも感染が確認されている

ということです。

 

このうち、日本が輸入するバナナの90%近くを占める

フィリピンの最大の産地、南部ミンダナオ島では、

ここ数年で「新パナマ病」の被害が急速に拡大しています。

現地の生産者団体によりますと、

島にあるバナナの木の5分の1がすでに感染し、

生産量もこの5年で20%以上も減り、

今年はさらに落ち込む見通しだということです。

 

こうした事態を受けて、フィリピン政府は、3年ほど前から

「新パナマ病」に強い品種の開発を進めていますが、

バナナの実が少なかったり、

成長するまでに時間がかかったりするため、

実用化のメドは立っていません。

 

生産者団体の幹部は

「新たな品種の開発などの対策が進まなければ、

5年か10年後には、

世界中の食卓からバナナが消えてしまうおそれもある」

と話しています。

 

 

ワンフェスの入場料、2000円から2500円に値上げ 不満の声が多発

世界最大級のガレージキットの

ワンダーフェスティバル(以下、「ワンフェス」)の

一般参加料金の値上げが発表されました。

 

1998年[夏]の開催以来、

2000円だった料金が2500円に値上げされ、

会場も次回7月の「2016[夏]」は

千葉県・幕張メッセで開催される。

理由は増税や諸経費の増加と説明されているが、

「世知辛いが現実はこんな物だな」

「イベントでの500円アップって、けっこう大きく感じる」

と、残念がる声も多いみたいです。

 

 

確かに入場料500円アップは大きいですよね。

イベントの内容が内容なだけに、

入場料が必要なのは間違いないと思いますが、

2500円は結構高いですよね。

不満の声が上がるのは当然だと思います。

 

 

ワンフェスはプロ、アマチュアを問わず、

自分たちが腕によりをかけて製作したキットを持ち寄って

展示・販売することにより、

自分の造形力を世に問うことを目的として始まりました。

この日だけしか販売が許可されない

既存キャラクターのキット(いわゆる「版権もの」)、

一品限りの造形物、

各プロディーラーの新製品や限定品などが並ぶのも、

このイベントの大きな魅力。

アマチュアが発表するキットなどは販売量がごく少量で、

この日を逃すと永久に手に入らないものもあります。

 

 

プレイベントも含めると

84年からワンフェスはスタートしており、

初年度の会場がゼネラルプロダクツ大阪店、

ディーラー数約10、入場者数700人だったものが、

86年[夏]には会場が東京都立産業貿易センター3F、

ディーラー数約140、入場者数3500人と大躍進。

その後も会場が東京都立産業貿易センター3・4F

⇒東京都立産業貿易センター全館

⇒東京国際見本市会場⇒有明東京ビッグサイト

⇒幕張メッセ国際展示場と年々規模が発展。

それに伴いディーラー数、入場者数も増え、

直近の2016[冬]のイベントでは、

ディーラー数が1896、

入場者数は過去最高の56051人となりました。

 

 

発足当初は若い世代の模型マニアの中でも、

とりわけディープな層がほとんどで、

ほぼ全員が男性であったものが、

造形物の多様化に伴い、

女性・家族連れ・初老の紳士というように、

性別・世代的にも広がり、

この先もさらなる規模拡大が予測されています。

 

 

しかしこうして規模が大きくなることを良く思わない人も多く、

主に幕張メッセでの開催について

「値上げして交通利便の悪い幕張メッセ開催ですか、

しかも相変わらず『海浜幕張駅』の群衆&行列整理能力の

低レベルさに毎度毎度呆れますわ」

「値上げしても良いけど、

それならまた開催地をビッグサイトに戻して欲しい。

幕張は不便で、居心地も良くない」

「往復交通費+2500円あれば普通に秋葉原で欲しい物買える、

ビッグサイトの頃は主にフリマ目当てで出張ってたけど」

といった不満の声が多く見られます。

 

 

JR東京駅で特急のドアが30秒も開かないトラブル発生  車掌の体調不良が原因か

成田空港を結ぶJR東日本の特急「成田エクスプレス」で、

14日に車掌が居眠りをして、

東京駅で車両のドアがおよそ30秒間開かない

トラブルがありました。

 

JR東日本によりますと、14日正午すぎ、

成田空港発池袋・大船行きの特急「成田エクスプレス」が

東京駅に到着したところ、

ドアがおよそ30秒間開かないトラブルがありました。

 

 

30秒って結構長いですよね。

少し調べてみたら、

30秒あればイチゴ大福が1つ作れるみたいです。

・・・だからなんだって話ですけど。

とまあ、

それだけの時間ドアが閉まっていたというわけですね。

 

 

会社側が調べたところ、

40代の車掌が乗務員室に座ったまま居眠りし、

交代の車掌に起こされたということです。

ダイヤに影響はありませんでした。

 

 

仕事中に寝るとは余程疲れていたのでしょうか。

とりあえずダイヤが乱れることは無くて良かったですよね。

 

 

社内の聞き取りに対してこの車掌は

「千葉駅を通過したあと、記憶がなくなった」

と話したということで、JR東日本は最大で

20分程度居眠りをしていた可能性があるとみています。

 

 

20分ってとんでもない時間ですね!

ただ単に

眠くてうたた寝してしまったという時間ではないと思います。

 

 

また、

車掌は

「今月9日にどうきがして救急車で病院に運ばれたが、

異常はないと診断された」

と話しているということで、

会社側は体調不良が影響したかどうか調べるとともに、

車掌の処分を検討しています。

 

 

いやいやいや、

絶対身体に異常出てますよこれは。

20分って普通じゃないですもの。

個人的にはこの車掌さんに勤務許可出したことが

そもそもの問題なのではないかと思います。

 

 

JR東日本の首都圏の路線では、

今年2月に山手線の運転士が

乗務中に居眠りをするなど不祥事が相次ぎ、

今月10日、

JR東日本の冨田哲郎社長が謝罪したばかりです。

今回の問題を受けてJR東日本は

「乗務員への指導をさらに徹底したい」

と話しています。

 

 

乗務員への指導を徹底するのは良いことですよね。

どんな理由があろうと勤務中に居眠りするのはだめですから。

ましてや利用者の命にも関わるようなお仕事ですし。

 

ただ、

だからこそ従業員に寝るな寝るなと命令するだけではなく、

もっと健康チェックを厳しくするべきだと思います。

激務のせいで体調がよくない従業員には

万全な体調に戻るまでは車両を運転させずに

駅構内の仕事をやってもらうなどの

工夫をしていくべきでしょう。

 

なので、

再発防止のためには、

車掌さんだけに何とかさせるのではなく、

会社全体で創意工夫していって欲しいですね。

 

人が死ぬような事故が起きてからでは遅いのですから・・・。

 

 

米産の冷凍野菜 「ニチレイフーズ」の5つの商品約25万点を自主回収

大手食品メーカーの「ニチレイフーズ」が輸入し、

関東や関西のスーパーなどで販売された

アメリカ産の冷凍野菜の一部が、

食中毒を引き起こす細菌に汚染されている

可能性があることが分かり、

会社では、

およそ25万点の商品を自主回収することになりました。

 

 

自主回収されるのは、

関東や関西のスーパーなどでおととしの12月以降に販売された

「元気畑の有機野菜コーンカーネル」や

「VALUEPLUS有機栽培ミックスベジタブル」

など5つの商品、合わせておよそ25万点です。

 

 

ニチレイフーズによりますと、

今月4日、

アメリカで冷凍野菜の製造を委託している会社から、

一部の商品に食中毒を引き起こす「リステリア菌」という細菌に

汚染された野菜が混入している可能性がある

という情報が寄せられたということです。

 

「リステリア菌」は加熱すると死滅するため、

火を通して食べた場合食中毒を発症する可能性は低く、

今のところ健康被害は報告されていないということですが、

会社では念のためすべての商品を

自主回収することを決めたということです。

 

回収の対象となる商品は賞味期限がそれぞれ異なっていて、

詳細を会社のホームページに掲載しているほか、

11日の午前9時から電話でも相談に応じることにしています。

 

電話番号は0120-124-099です。

 

ニチレイフーズでは「お客様に大変なご迷惑とご心配をおかけし、心よりおわび申し上げます」とコメントしています。

 

 

回収対象商品は以下の通りです。

 

1)弊社NB商品

①元気畑の有機野菜コーンカーネル 250g/20袋×2合

JANコード:4902130363610

賞味期限:2017年1月1日 2017年2月17日 2017年2月18日

②元気畑の有機野菜ミックスベジタブル 250g/20袋×2合

JANコード:4902130363641

賞味期限:2017年1月1日 2017年1月2日 2017年5月18日、

2017年5月19日

2)八社会様向けPB商品

①VALUE PLUS 有機栽培(オーガニック)ホールコーン

250g/12袋×2合

JANコード:4949486327026

賞味期限:2016年12月28日 2016年12月29日

②VALUE PLUS 有機栽培(オーガニック)グリーンピース

250g/12袋×2合

JANコード:4949486327033

賞味期限:2017年3月24日

③VALUE PLUS 有機栽培(オーガニック)ミックスベジタブル

250g/12袋×2合

JANコード:4949486327019

賞味期限:2016年12月29日 2017年2月13日 2017年2月14日

 

 

 

これらの商品の購入している方は

間違って食べないようにお気をつけてください。

加熱すれば安全みたいですが、

用心するに越したことはないと思うので・・・。

 

 

サイコロキャラメルが全国販売終了 北海道限定商品に

1927年から明治が販売している

ロングセラー商品「サイコロキャラメル」が

生産終了したという噂がTwitterを中心に話題になっています。

 

 

明治公式のWebサイトでは、

生産終了の記載はないものの、

商品情報からは他のキャラメル製品も含め削除されています。

 

 

販売元の明治に問い合わせてみた方によれば、

やはりサイコロキャラメルは2016年1月に

生産を終了していたようです。

理由は「販売不振」でした。

 

また、

他のキャラメル商品も同様に生産を終了しているようで、

今後の復活の可能性についても

「今のところ予定はない」とのことでした。

 

 

 

サイコロキャラメルとは、

サイコロ型の小箱に大粒のミルクキャラメル2粒が入り、

5つの小箱(計10粒)で1商品としているキャラメル。

 

キャラメルの大きさが、

同業他社のロングセラーのミルクキャラメルや、

のちに販売するクリームキャラメルより大きいのは、

サイコロ型小箱に合わせる為。

 

 

サイコロ型の小箱は25mm×25mm×25mmの立方体。

ただし、

5つの小箱を包装した商品となれば、

高さ(長さ)が130mmとなります。

 

 

サイコロの目の1のマークは、

明治製菓の旧社章。

内容量は、

1商品で57gとなっています。

 

 

 

これからは明治のグループ会社が

6月から北海道限定でサイコロキャラメルを生産、

販売していくみたいです。

 

Twitterでは、

「小さい頃よく食べてた!」

「また一つ昭和が消える……」

「銀歯が取れた思い出」

などサイコロキャラメルを懐かしみながら、

全国生産終了を残念がる声が多数みられています。

 

発売から約90年の歴史を誇るロングセラー商品だけに、

多くの人々に衝撃が走っているみたいです。

 

 

「サイコロキャラメル」といえば、

俳優の大泉洋さんらが出演する

バラエティ番組「水曜どうでしょう」の

人気コーナー「サイコロの旅」の

小道具としても知られています。

 

 

「サイコロの旅」とは、

鈴井貴之さんが考えた企画のひとつです。

「水曜どうでしょう」を象徴する企画であり、

多くの番組で類似企画が放送されています。

番組開始からほぼ半年に1度のペースで放送されていましたが、

1999年12月に放送された

「サイコロ6」を最後に実施されていません。

 

6つのサイコロの目それぞれに移動手段と行き先を割り当て、

大泉洋さんと鈴井貴之さんがサイコロキャラメルを振って

出た目によって次の行き先を決定するという番組です。

 

 

今は「水曜どうでしょう」自体が放送されていないので

あまり関係のないことかもしれませんが、

もし番組が復活した際には、

北海道から取り寄せてでも

サイコロキャラメルを使って

「サイコロの旅」をやって欲しいですね。