三菱自動車に日産が巨額出資 事実上傘下に収める方向に

日産自動車は、

軽自動車などの分野で協力関係にある

三菱自動車工業に対し、

2000億円を超える規模の巨額の出資を行って、

事実上、

傘下に収める方向で最終的な調整に入りました。

日産とルノー、

そして三菱自動車を合わせると、

世界全体の販売台数は

トヨタ自動車やフォルクスワーゲンに迫る規模となり、

三菱自動車の燃費の不正などの問題は、

業界再編に発展する見通しになりました。

 

 

関係者によりますと、

日産は三菱自動車が行う第三者割当増資を引き受ける形で

株式の34%を取得する方向で

最終的な調整に入ったということです。

出資額は2千数百億円に上る見込みで、

日産は現在、

合わせて株式の3分の1を出資している

三菱グループの主要3社を抜いて筆頭株主となり、

三菱自動車を事実上、

傘下に収めることになります。

 

 

両社は12日、それぞれ取締役会を開き、

資本提携について決議することにしているということです。

 

 

日産と三菱自動車は軽自動車の商品開発を担う会社を

5年前に共同で設立し、

日産ブランドの軽自動車を三菱自動車の工場で生産していて、

軽自動車などの分野では協力関係にありましたが、

会社本体どうしの資本関係はありませんでした。

三菱自動車は燃費の不正を行っていた

主力の軽自動車の生産と販売を停止して

国内販売が大幅に落ち込んでいるなか、

日産の傘下に事実上入ることで、

研究開発力を強化したいねらいがあるものとみられます。

 

 

一方日産としては、

三菱自動車がタイなどに生産拠点を置いて

主力市場としている東南アジアの販売力を

高めたい狙いがあるものとみられます。

 

 

日産とルノー、

そして三菱自動車を合わせると、

去年の世界全体の販売台数は950万台を超え、

世界一だったトヨタの1015万台、

フォルクスワーゲンの993万台などに迫る規模になり、

燃費の不正などの問題は

業界再編に発展する見通しとなりました。

 

 

平成12年以降、

リコール隠しなどの不祥事の発覚が相次いだ三菱自動車工業は、

三菱グループの主要3社から

出資を受けるなどして経営再建を進め、

ことし3月期の決算では

本業の儲けを示す営業利益が1384億円と、

これまでで最高となりました。

 

 

しかし、先月20日、

日産自動車向けに生産したものも含めた軽自動車4車種で、

燃費を巡る不正を行っていたことを明らかにし、

対象の車の生産や販売を停止しました。

 

その結果、

先月三菱自動車が販売した軽自動車の台数は

前の年の同じ時期に比べてほぼ半減しました。

不正が発覚する前には、

三菱自動車にとって、

軽自動車は国内販売全体のおよそ60%を占めていましたが、

生産や販売を再開するめどは立っていません。

 

 

また会社側では、

不正が行われた軽自動車4車種の顧客に対する

具体的な補償内容などを検討していますが、

これらの車種は合わせて62万5000台が

生産・販売されており、

補償などに向けては多額の費用が必要となります。

 

 

 

一応両社にとってWin-Winなわけですね。

こうでもしないと三菱自動車は終わっていたかもしれませんし、

日産は良い判断をしたと思います。

三菱自動車も今回こそしっかりと反省して、

偽りの無いものづくりをしていって欲しいですね。