電子コミック「11円」セールで売り上げがアタッシュケース3個分を超える

すごい量ですよね。

ちなみに、一億円の重さがだいたい10kgで、

アタッシュケースの重さが軽いもので3.3kgなので、

これが3つとなると、全部で40kgくらいあります。

力持ちの方なら持てるかもしれませんが、

私にはとても持てる重さではないですね。

 

 

電子コミック販売サイト「漫画onWeb」や電子書籍取次サービス

「電書バト」などを運営する漫画家の佐藤秀峰さんは、

2月に伝書バトが実施した、電子コミック131冊を各11円で

販売するセールの効果で、

2月の売り上げ総額が3億円を超えたことを明らかにしました。

売り上げトップだった佐藤さん本人には、

1億3000万円以上の印税が入ったみたいです。

 

出版不況の中、この結果が

「すべての漫画家の希望となることを願っている」

としています。

 

 

私は電子本を今まで買ったことがないのですが、

この様子を見ると世間ではかなり需要があるみたいですね。

やっぱお手軽だからでしょうか。

 

ただ、これはゲームやCDでも言えることですが、

私としては形にあるものとして買わないと

なんか不安なんですよね。

だからゲームとかでもダウンロード販売で購入したことは

(ダウンロードでないと購入できないもの以外)ないんです。

 

まぁそんなこと言ってるから、

私の部屋はどんどん物が溢れてしまうんだろうな・・・。

 

 

セールは、「楽天Kobo電子書籍ストア」で

2月2日から1カ月間実施。

「海猿」(佐藤秀峰作)、

「禍々しき獣の逝く果ては」(楠本弘樹作)、

「あいこのまーちゃん」(やまもとありさ作)

など42タイトル・合計131冊を各11円で販売されました。

 

 

2月の売り上げ総額は3億円を超え、

各作家が受け取るロイヤリティ額は、

トップの佐藤さんが1億3388万円、

2位の佐藤智美さんが1896万円、

3位が716万円(匿名作家)、

4位が595万円(同)、

5位の楠本弘樹さんが230万円となりました。

 

 

佐藤さんは、1億3388万円という額について

「1カ月間のロイヤリティ金額としては、控えめに言っても、

これまでの電子書籍の常識を打ち破る数字」とみています。

紙の書籍の印税で同額を稼ぐには、

単行本を約300万部を売り上げる必要があるらしいです。

 

 

販売したタイトルは新作ではなかったが、

「大幅な値引きを行なった上で、

取り扱い全作品を一気にセールに投入する」

という作戦が奏功し、大きな売り上げに繋がったみたいです。

 

 

参加した作家からは

「紙の本ではほとんど利益を産まなかった作品が、

電子書籍として売り上げを計上したことは新鮮な驚きでした。

読みたい、買いたいと思っている読者に正規に届けられた、

ということに電子書籍の役割、可能性を大いに感じています」

と感想が寄せられたといいます。

 

 

「ガルパン」劇場版アンソロが発売! 優花里役の人の4DXレポートも

20160523-00000094-nataliec-000-1-view

ガルパン4DXは戦車になれる!

ガルパンはいいぞ!

 

〜秋山優花里役の中上育美さんの

「戦車道は乙女のたしなみ、ですよね!!」より〜

 

 

 

「ガールズ&パンツァー 劇場版

ハートフル・タンク・アンソロジー」

の第1巻が、

5月23日にKADOKAWAより刊行されたみたいですね。

私は25日になってようやく知りました(笑)。

いやー、出遅れてますね私は。

ガルパンファンの風上にもおけない。

でも、25日の会社帰りに本屋に寄って買ってきましたよ。

 

 

このアンソロジーには、道満晴明さんによる

アンツィオ高校を中心とした「二畳半戦車大系」、

秋山優花里が壊れた戦車の代わりにとんでもないものを

探してくる氷川へきるさんの「レオパル殿」、

異世界に迷い込んでしまったあんこうチームを

矢上裕さんが描く「エルフをガールズ&パンツァー」、

秋山優花里役の中上育実さんが4コマと4DX版鑑賞レポートを

手がけた「戦車道は乙女のたしなみ、ですよね!!」

といったマンガを収録。

そのほか弐尉マルコさん、日場坂れんさん、才谷屋龍一さん、

ツナミノユウさん、葉来緑さん、チョモランさん、槌居さん、

伊能高史さん、かたやままことさんが参加されています。

 

また巻頭には緒方剛志さん、しのづかあつとさん、

さきしまえのきさんによる

ピンナップイラストが綴じ込まれているほか、

カバーには杉本功さん原画・原田幸子さん仕上げ・古市裕一さん

特効によるイラストを起用。

またマンガ「ガールズ&パンツァー リトルアーミー」シリーズの

資料集や、野上武志さんと鈴木貴昭さんによる対談も

収められています。

 

 

 

表紙の元気に飛び跳ねるみほが目印です。

アニメの最初の方の闇を抱えてるっぽいみほも好きだけど、

やっぱりみほは明るい方が可愛いですね。

 

 

本を開くとまず最初に飛び込んでくるのが

4面のピンナップイラスト。

個人的にはさきしまえのきさんの書いたイラストが

微笑ましかったですね。

なんというか、優しい世界といいますか。

 

漫画の内容に関しては、正直に言うと良かった話と微妙な話と

分かれましたが、これに関しては個人の趣向の違いなので

仕方ないね。

でも、どの話を見ても劇場版ガールズ・パンツァーを見た人には

いろいろと感じるものがあると思いますよ。

「確かにこんなことが大学選抜前にあったら面白いよなー」

とか、

「映画後の後日談でこんなことが起きたらいいね」

とかですね。

 

ちなみに特に良かった話が、

槌居さんが書いた「来た道、行く道」です。

劇場版後にみほが実家に里帰りする話で、

あんな西住家をアニメでも見てみたいと思いましたね。

なんというか、西住姉妹が仲良くしているのを見ると

すごく安心する。

 

 

 

秋山優花里役の中上育美さんの4DXレポートも面白かったです。

「ガルパン4DXは戦車になれる!」

”乗る”を超えてるみたいですね。

今週末見に行くのがとても楽しみです。

 

 

今回のアンソロ本も、ガルパンファンには

とても楽しめる内容になっています。

ぜひ、一度手にとって読んでみてください。

今年の秋に第2巻も発売する予定です。