スノボーなどのウィンタースポーツが楽しめる『STEEP』 ハードはPS4&Xbox&PC

STE_art_worldhires_e3_160613_230pm_1465811067

 

 

 

 

 

これはすごい!

迫力満点のウィンタースポーツが楽しめそうですね!

 

 

今回の動画ではスノーボードが中心に紹介されていますが、

そもそもスノーボードとはいかにして生まれたのでしょうか。

 

 

 

スノーボード (snowboard) とは、一枚の板上に、

両足を斜めまたは横向きに置き、

雪が積もった斜面を滑るスポーツ。

またその板。

スノーボードをする人をスノーボーダーと言います。

 

 

特徴は、非対称、横乗りの

サイド・ウェイ・スタンス・スポーツであること。

 

通常時は軸足を前に、利き足を後ろに置く。

左足が前になるレギュラースタンス、

右足が前になるグーフィースタンスがあります。

利き足の呼称なので、

レギュラースタンスの人間は右足を前にして滑っても

グーフィーとは呼ばれずに、

スイッチ・スタンスと呼ばれます。

 

右利き手が多いように、

グーフィーよりレギュラーの割合が多いらしいです。

また、利き手と利き足は左右一致しないことがあるそうです。

 

 

「スノーボード」という名称は、

アメリカとカナダを中心とした

北米スノーボード協会が発足した時、

新しいスポーツのジャンルとして

スノーボードという名称に統一したことに始まる。

 

1970年代まで、

同じく「スノーボード」という名称の雪上を滑る

ボブスレーのような競技が存在していたらしいですが、

一般には普及しなかったようです。

 

 

英語で”snowboard”は

「スノーボードする」という動詞であるため、

名詞として使う場合は”snowboarding”と言うことが多い。

 

また、1980年代の一時期、

アメリカの玩具会社が”Snowboard”の

商標登録を持っていたため、

“snoboard”という表記も当時よく見られたみたいです。

 

 

もともとはサーフィンやスケートボードを雪山でも、

といった楽しみ方をされていましたが、

既にスキー場という娯楽施設が整備されていたため、

その環境にも適応すべく

スキー製造技術を取り入れていきました。

 

圧雪された斜面での滑走性能が上がり、

現在では整備されたゲレンデで滑るのが一般的となりましたが、

ゲレンデ外(オフピステ)の雪山を滑る

バックカントリースノーボードも人気です。

 

人工的に管理された範囲外での滑走となるため、

より高度な滑走技術だけでなく、

雪崩のリスクマネジメント、応急手当など、

安全に関わる知識を学ぶことや、

ビーコンなどの専用の装備が必要です。

 

バックカントリースノーボードはビッグマウンテン、

狭義にはエクストリームなどとも呼ばれています。

 

 

 

このスノーボードが楽しめる新作ゲームは

今年の12月に海外で発売予定です。

 

 

終わりのない悪夢を体験せよ 「ネバーエンディングナイトメア」 PS4&PS Vitaで19日より配信

 

開発者が精神を病んだ体験を反映した

ガチ病みゲーとして話題を呼んだ

「ネバーエンディングナイトメア」が、

PlayStation4/PlayStation Vitaで配信されることが

決定しましたね。

 

 

強迫性障害と鬱病で苦しんだ経験を持つ作者

Matt Gilgenbachさんが、

その感覚をそのまま反映させたというホラーゲーム。

プレイヤーは主人公・トーマスを操作し、

終わることのない悪夢の中を探索する

という内容になっています。

 

 

強迫性障害とは、不合理な行為や思考を

自分の意に反して反復してしまう精神疾患の一種。

強迫神経症とも呼ばれます。

同じ行為を繰り返してしまう「強迫行為」と、

同じ思考を繰り返してしまう「強迫観念」からなる。

アメリカ精神医学会発行の

DSM−IV(精神障害の診断と統計マニュアル)において、

不安障害に分類されています。

多くはその行為に日あたり1時間以上を費やしてしまう。

 

人口の約2.3%は、

人生のある時点で強迫性障害を経験するそうです。

年間の患者数は、全世界では約1.2%ほど。

35歳以降で発症することは少なく、

患者の半数は20歳以下で発症している。

男性も女性も、ほぼ等しく発症する。

森田療法を実践する精神科医の帚木は、

不安な気持ち(強迫観念)を「あるがまま」に放置して

「はからい」(強迫行為)ではない行動に移すことが

最上の策であるとしており、

強迫観念を持っていてもいなくても

人間であるという本質に変わりはないうえ、

強迫観念は永遠には続かないものであると説いています。

 

 

今回のゲームはそんな病気にかかっていた経験を持つ方が

作っているというわけですね。

 

 

「鬱の人間にとって、人生は悪夢です。

ですから、このゲームはすべて悪夢の中で完結しています」

というMattさんの言葉通り、悪夢から目覚めたと思っても

そこに広がっているのはまた新たな悪夢。

明確な目標や悪夢の意味が示されない、

悪魔や化物たちに襲われても喘息持ちのトーマスは

ほとんど走って逃げることができないなど、

独特な世界観が話題を呼びました。

 

 

これは気になりますね。

気になりますが・・・。

小心者の私にはおそらく最後までプレイするのは無理でしょう。

PVを見てるだけでもかなり怖いので・・・(笑)。

 

 

PS4およびPS Vita版は5月19日より配信開始です。

価格は1480円(税込)。

クロスバイのため片方を購入すれば

両方のハードで遊ぶことができますよ。

 

 

スピルバーグ監督の最新作『BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント』  9月17日より公開

 

ハリウッドの巨匠、

スティーブン・スピルバーグ監督(69)の最新作

「BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント」
(日本公開9月17日)の

ワールドプレミアが現地時間14日、

フランス・カンヌ国際映画祭で行われました。

 

巨人を演じた英俳優 マーク・ライランス(56)

少女を演じた英の子役 ルビー・バーンヒル(10)と

ともにレッドカーペットに登場して大歓声を浴びました。

 

 

本作は、

『チャーリーとチョコレート工場』の原作者ロアルド・ダールの

『オ・ヤサシ巨人BFG』を映画化したもので、

ロンドンから巨人たちが暮らす国にやってきた少女ソフィーと、

心優しい巨人BFG(ビッグ・フレンドリー・ジャイアント)の

交流と冒険を描きます。

 

児童養護施設に暮らす好奇心旺盛な少女ソフィーが、

真夜中に窓から入ってきた“巨大な手”に持ち上げられ

「巨人の国」に連れ去られてしまう

……というロンドンを舞台にした物語で、

特報映像ではその巨人の姿や、窓から巨大な手が伸び、

ソフィーが捕まえられるその瞬間を見ることができます。

 

 

これは中々迫力がありますね。

この先どういった展開がされていくのか楽しみです。

 

 

世界中で愛され続ける児童文学を実写化するため、

スピルバーグ監督はこれまで数々の名作を共に手がけてきた

スタッフを再び呼び寄せました。

 

フランク・マーシャルが製作を、

キャスリーン・ケネディが製作総指揮を務め、

『E.T.』のメリッサ・マシスンが脚本を執筆。

ジョン・ウィリアムズが音楽を、

ヤヌス・カミンスキーが撮影を、

マイケル・カーンが編集を手がけ、

『ジュラシック・パーク』『アバター』のリック・カーターが

プロダクション・デザインを担当します。

 

 

スピルバーグ監督にとってはひさびさの

ファンタジー作品となり、

「想像の中の世界をストーリーとして語る

ということをしてみたかったんだ」

と意図を説明。

「歴史的な映画を作るときは、歴史の事実を伝えるために

このような想像力は横に置かなければならない。

今回の作品はそういう規制がなく、自由な形で展開できた。

若いフィルム・メーカーに戻ったような気持ちになったね」

と充実感をにじませました。

 

 

スピルバーグ監督に見いだされたルビーは

「カンヌ国際映画祭に来ているなんて、

すごい経験だと思います。

『やったー!』という感じ」

と初々しくガッツポーズ。

堂々のあいさつにスピルバーグ監督は

「よくできました」

と目尻を下げました。

 

 

英女王が異例の発言 中国側一行の対応が「イギリスの大使に、とても失礼でした」

イギリスのエリザベス女王が去年、

中国の習近平国家主席を国賓として迎えた際の

中国側一行の対応について、

「イギリスの大使に、とても失礼でした」

と発言し、女王の異例の発言として注目されています。

 

 

エリザベス女王はロンドンのバッキンガム宮殿で、

10日に行われた園遊会で、

去年10月に中国の習近平国家主席を国賓として迎えた際、

警備の責任者を務めた女性警察官と会話を交わしました。

 

この中で警察官が

「ご存じかどうかは分かりませんが、

あのときは非常に大変でした」

と述べると、

女王は

「ええ、知っていますよ」

と応じました。

そして、警察官が中国側の一行が打ち合わせの途中で、

「もうやめだ」

などと述べて出ていったことに言及すると、

女王は

「大使に対して、とても失礼でした」

と話し、

調整に当たった中国駐在の

イギリス大使への中国側の対応を批判しました。

 

イギリス王室は

「女王の私的な会話にはコメントしない。

国賓としての訪問は大成功だった」

とする声明を出しましたが、

外交に関する発言に慎重な女王の

異例の発言として注目されています。

 

 

イギリスは、

中国が創設したAIIB=アジアインフラ投資銀行への参加を

G7=主要7か国の中ではいち早く表明したほか、

原子力発電所の建設計画に中国からの出資を呼び込むなど

経済面での関係強化を進めてきました。

 

 

中国本土では11日、

イギリスの公共放送BBCの国際放送が

エリザベス女王が去年、

中国の習近平国家主席を国賓として迎えた際の

中国側一行の対応について、

「イギリスの大使にとても失礼でした」

と発言したニュースを伝えた際、

画面が真っ暗になり、

映像や音声が一時、中断されました。

 

中国側は、

これまでも習近平国家主席のイギリス訪問について、

「両国関係は『黄金時代』に入った」

と強調してきたことから、

訪問の成果に水を差すような今回の報道に、

神経をとがらせているものとみられます。

 

 

BBCの電子版は

中国の報道内容を分析しているBBCのスタッフの話として、

「今のところ、

中国国内のメディアも女王の発言を伝えていないが、

このようなことは珍しいことではない。

メンツが重んじられる中国にとって、

女王の発言は非常にやっかいなものに違いない」

と伝えています。

 

 

 

中国ってどの国に対してもこんな感じなんですね。

あのエリザベス女王にここまで言わせるのは

ある意味本当に凄いですよ(笑)。

国際社会に生きる国として、

中国にはちゃんと協調性を持って行動してほしいですね。

 

 

パナマ文書 20万社超える法人や個人名を公表 日本人の名前も

世界各国の首脳や

富裕層の隠れた資産運用を明らかにした

「パナマ文書」の問題で、

各国の記者でつくる団体は

日本時間の10日朝、

文書に記載されていた20万社を超える法人や

関わりがあるとされる個人の名前を公表しました。

 

中には日本人とみられる名前もあり、

専門家は租税回避地、

いわゆるタックスヘイブンの利用の実態を明らかにする

情報だと指摘しています。

 

 

ICIJ=国際調査報道ジャーナリスト連合は、

日本時間の10日午前3時すぎ、

パナマ文書に記載されていた法人や個人の名前を

ホームページで公表しました。
パナマ文書は中米パナマにある

法律事務所「モサック・フォンセカ」から流出した

膨大な内部情報です。

今回の公表で、

この法律事務所が去年までにタックスヘイブンとされる

21の国や地域に設立した

およそ21万4000社の法人の情報が

閲覧できるようになりました。

 

 

ICIJは

「秘密の法人とその背後にいる人々に関する史上最大の公表だ」

としていて、

中には日本にある企業や個人が

設立に関わっているとされる法人の名前や、

日本人とみられる関係者の名前も含まれています。

 

 

パナマ文書は、

先月はじめに初めて報道されて以来、

各国の首脳やその関係者の

隠れた資産運用の実態を次々と明らかにしていて、

市民から厳しい批判を受けたアイスランドの首相や

スペインの産業相が辞任に追い込まれています。

 

批判の背景には、

経済の低迷などを理由に

各国で市民の税の負担が増えていることがあるとされ、

富裕層だけが税金から逃れることができる現状に

疑問を投げかけるきっかけとなっています。

 

 

税に詳しい青山学院大学の三木義一学長は、

タックスヘイブンの利用の実態を

明らかにする情報だと指摘したうえで

「税金をそれなりに負担できる人たちが逃げてしまう。

そういう社会でいいのかが問われていると思う」

と話しています。

 

 

 

パナマ文書は中米パナマにある

法律事務所「モサック・フォンセカ」から流出した、

膨大な内部情報です。

 

この法律事務所が1977年から去年までの

およそ40年間で扱った

会計書類や契約書などが含まれていて、

データの量としては2.6テラバイトに上るとされています。

 

この法律事務所は

顧客にとって最も税金がかからない租税回避地、

いわゆるタックスヘイブンの国や地域を選び、

そこに法人などを設立するのを手助けしていたみたいです。

 

文書の中には、

タックスヘイブンとされる21の国や地域に設立された

およそ21万4000社の法人と、

200以上の国や地域の個人の名前がありました。
ICIJは、

これらの法人や個人による資産の運用に

違法性があるかについては

一部を除いて詳しく言及しておらず、

文書の中に名前が記載されていても

直ちに違法だとはいえないとしています。

 

しかし、

タックスヘイブンに設けた法人を使えば隠れた資産運用ができ、

代理人を立てて、

法人の所有者の名前も隠すことができることから、

不正な行為が行われている可能性があるとも指摘しています。

 

 

ICIJによる各国の首脳や富裕層の

隠れた資産運用を明らかにした一連の報道で、

アイスランドの首相やスペインの産業相が辞任に追い込まれていて、

各国の政治にも影響が出ています。

 

また、

ICIJは政治家やその親族だけでなく、

富裕層がタックスヘイブンを利用して

納める税金の額を低く抑えているのは大きな問題で、

税金を正しく納めている市民を欺く行為だと批判しています。

 

 

 

支払う税金を減らしたい気持ちは分かりますが、

脱税は良くないですよね。

名前が公表された方々の

これからの対応に注目したいと思います。

 

 

ジョコビッチ、5年振りに2度目の優勝 マスターズ大会最多の29勝目

テニスのマドリード・オープンが8日、

マドリードで行われ、

男子シングルス決勝で世界ランキング1位の

ノバク・ジョコビッチ(28=セルビア)が

2連覇を目指した第2シードの

アンディ・マリー(28=英国)を

6―2、3―6、6―3で下し、

5年ぶりに2度目の優勝を飾りました。

 

 

 

ノバク・ジョコビッチ(1987年5月22日 )は、

セルビア・ベオグラード出身の男子プロテニス選手。

ATPランキング自己最高位はシングルス1位、

ダブルス114位。

ATPツアーでシングルス63勝、

ダブルス1勝。

身長188cm、

体重80kg。

右利き、

バックハンド・ストロークは両手打ちです。

 

 

グランドスラムは歴代5位タイの優勝11回。

全豪オープンオープン化以降最多優勝・最多連覇の

3連覇6回優勝。

ワールドツアー・ファイナル優勝5回現在4連覇中。

マスターズ1000では最多タイの28回の優勝。

2011年にはオープン化以降男子6人目となる4大大会3冠達成。

2015年にも達成。

2015年には史上初の

ATPワールドツアー・マスターズ1000年間6勝、

2度目の4大大会3冠を達成。

 

世界ランキング1位在位記録歴代5位で

2014年7月から現在まで1位に在位中。

セルビア人初の4大大会優勝者で2010年の

デビスカップセルビア代表の優勝に貢献。

 

 

ジョークや有名選手のモノマネといった、

試合内外関わらずユーモラスなパフォーマンスを

行うことでも知られていて

「ノール」(Nole)という愛称で呼ばれ親しまれています。

セルビア・モンテネグロの分離により、

現在は「セルビア」国籍でエントリーしています。

キリスト教セルビア正教会の信徒であるみたいです。

 

 

 

ジョコビッチは第1セット、

第1ゲームをいきなりブレークし、

さらに第5ゲームもブレークするなど

優位に試合を進め6―2で取りました。

第2セットは、

逆にマレーが第4ゲームでブレーク。

そのまま6―3でこのセットを奪いタイに戻しました。

第3セットは第2ゲームをジョコビッチがブレークすれば、

第3ゲームをマリーがブレークバック。

さらに第6ゲームをジョコビッチがブレークして迎えた第9ゲーム。

0―40とされたものの、

7度のブレークポイントのピンチをしのいで

ゲームをものにしました。

 

 

ジョコビッチは今季マスターズ大会3勝目で、

マスターズ大会通算28勝のナダルを抜いて

単独トップの29勝目をマークしました。

 

 

 

世界でもトップクラスの実力を持ちながら

ユーモアの溢れる人って素晴らしいですよね。

ジョコビッチさん、

優勝おめでとうございます。